« 本物のポッキー | トップページ | 空港の食べ物 »

2007年4月28日 (土)

ママー インスタントラーメン

ママーというブランドのインスタントラーメンがある。
一袋が5バーツで買える商品だ。
「インスタントラーメンというのは家庭で食べる物」と言うのが日本人の常識だ。

タイの屋台やデパートの大食堂ではママーのインスタントラーメンを調理して食べさせてくれる。
観光客でタイのインスタントラーメンの味を試したかったなら屋台にいくとよい。
ケースの中にインスタントラーメンの袋が飾ってある。
「これ!」指を刺せば相手は理解する。
「肉は何にするか?」と聞かれるが、タイ語なんて理解できないからにっこり笑って首を縦にふればいい。
そうすれば相手は勝手に理解して豚、鶏、魚などいずれかの肉を入れてくれる。
ゲテモノ肉は入らないから安心していい。
食べ物にアレルギーがある人はこんなことをしては駄目ですよ。

注文の方法はこれだけだ。
注文が終わると、麺を茹でてくれる。
つみれのような小さな魚肉団子もスープの中で暖めている。
写真の製品はママーブランドの製品ではないが、このようなものが屋台などの店頭に飾ってある。 R0019533pct40_1
パッケージに添付されている粉末スープや香辛料の小袋をあけて丼にいれる。
茹で揚げた麺を丼に入れる。
店のスープも丼に入れる。
野菜、肉を麺の上に乗せて見栄えをよくする。
暖めていた魚肉団子も麺に乗せる。
好みによって、唐辛子入り酢、焙煎した唐辛子の粉、ナンプラ、砂糖などを加える。これで30バーツほどだ。
辛い料理に慣れていない観光客は余分な調味料、とくに唐辛子は加えない方がいい。
麺とスープをよく掻き回して食べるといい。

タイ人はラーメンスープに砂糖を加える。
俺には砂糖を加える匙加減がわからない。
タイ人が作るとちょうどよい味加減になる。
砂糖を入れると甘いラーメンスープになってしまうが、日向の屋台で甘いスープを飲むと意外なことに美味いのだ。
塩味、辛みのあとにほのかな甘みを感じ、これが美味い。
同じ事を日本でやっても美味くないと思う。
この暑い気候の中で食べるから美味いのであって、寒い日本でやったら不味いだろうな。

2007/4/24

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 本物のポッキー | トップページ | 空港の食べ物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7736187

この記事へのトラックバック一覧です: ママー インスタントラーメン:

« 本物のポッキー | トップページ | 空港の食べ物 »