« ピザをタイで | トップページ | ナイフ »

2007年4月27日 (金)

大根おろし

タイの金持ち階級が行くスーパーに行ったら大根があった。
日本の大根の四分の一程の 大きさだ。大根を見ているうちに
大根おろしを食いたくなった。さっそく大根を求めた。

タイ料理では食材を擦りおろして使うことがない。
普通の家庭ではおろし金はない。この町には西洋人も住んでいる。
西洋人はチーズをおろして使うのでチーズおろしならある。
輸入品で関税が高いので、品物の割にチーズおろしは高価だ。
どうせ一回か二回しか使わないものだ。
もっと安いものはないか探した。中国製のプラスチック製品があった。

次は醤油だ。どういうわけかこのスーパーで日本の醤油を見つける
ことが出来なかった。中国製の醤油らしきものがあった。
中国語とタイ語のラベルからこれは日本の醤油に近い味と推定した。

魚を焼いて大根おろしで食べることにした。
ヌチャナートが魚を焼いている間に俺が大根を擦りおろした。
中国製の醤油らしきものの味見をした。醤油に近い味だった。
擦りおろした大根に醤油をかけた。
日本の大根おろしの味がした。しかもその味は日本人が忘れて
いる味だ。昔の大根の味がする。
日本の今の大根は甘すぎる。それに水気がおおすぎる。
タイの大根は小さいが水が少ない。それに辛みがある。
俺が子供の頃の大根は辛かった。その頃の味がある。
懐かしい味を思い出しながら大根おろしを食べていた。

それにしても暑い!
大根おろしを食べながら通りを見た。
さっき撒いた水はもう蒸発した。

2007/4/13

クチコミblogランキング TREview

|

« ピザをタイで | トップページ | ナイフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7741003

この記事へのトラックバック一覧です: 大根おろし:

« ピザをタイで | トップページ | ナイフ »