« 竹製の爪楊枝 | トップページ | ウチの鍋料理 »

2007年5月25日 (金)

生卵にナンプラ

俺はゆで卵を作った。
茹で過ぎた卵は美味しくない。
時間を見計らって卵を取り出したが、卵は半生だった。
タイでヌチャナートが作ってくれたカイルアットよりまだ生だった。
生卵に近い。

ヌチャナートに馬鹿にされた。
シャクだし、証拠隠滅のためにその卵を食べてしまうことにした。
炊き立てのご飯に卵を落とした。
ご飯に生卵と言えば醤油がつき物だ。
醤油を手に取った。
「もしかするとナンプラでも美味しいかもしれない」
変な考えが頭をよぎった。ナンプラを使うことにした。

塩味は醤油を使うのと変わりはない。
「まあ、いいんじゃない。」
でもナンプラには魚独特の臭みがある。
加熱するとその臭みは消えてしまうのだが、このように生で使うと魚の臭みがそのまま出てくる。
どうも生卵には合わない臭いだ。
日本人には分からないけど、醤油もかなりくさい食品なんだ。
その臭みを日本人はいい香り、食欲をそそる香りと感じる。
ご飯に生卵をかけて食べるなんてことはタイの習慣にないけど、日本に住むタイ人なら日本の習慣を取り入れて生卵にナンプラをかける食べ方をするかもしれない。
タイ人ならナンプラの臭いに慣れているので、ナンプラを使った方が醤油を使うより美味しいとするだろう。
日本人にはこの食べ方は受け入れられない。
やっぱりご飯に生卵をかけたなら、醤油でなくちゃ駄目だ。

2007/5/25

|

« 竹製の爪楊枝 | トップページ | ウチの鍋料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹製の爪楊枝 | トップページ | ウチの鍋料理 »