« 蒲鉾のヤム タイ風サラダ | トップページ | プラムックサルン »

2007年5月 5日 (土)

若鮎のトムヤンプラ

若鮎があった。
「これでトムヤンプラを作るとおいしいのよ」
すらりとした若鮎の美しい姿を見て、ヌチャナートは美味しい味を想像しているようだった。

鮎を二つに切ってしまった。
「ああもったいない」と思いながら、ヌチャナートの料理を見ていた。
鮎のワタは苦味に特徴がある。
トムヤンプラと鮎の苦味は合わないのでワタを取り除いた。
タイには鮎なんていないから、ヌチャナートにとっても初めての料理だ。
それでも美味しいトムヤンプラができた。R0019559_2

野菜の下に若鮎が隠れている。
野菜をのけると、優しい鮎の顔が出てきた。
鮎は香魚と言うが、この料理では鮎の香りは何処かに行ってしまう。
同じ材料を出しても、日本人とタイ人では料理の仕方が違う。
その差が面白く、なんとなく可笑しい。
若鮎のトムヤンプラを食べながら、一人で笑ってしまった。

2007/5/4

クチコミblogランキング TREview

|

« 蒲鉾のヤム タイ風サラダ | トップページ | プラムックサルン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7713744

この記事へのトラックバック一覧です: 若鮎のトムヤンプラ:

« 蒲鉾のヤム タイ風サラダ | トップページ | プラムックサルン »