« もやし炒め タイ風 | トップページ | 竹製の爪楊枝 »

2007年5月24日 (木)

ゲンノーマイガイ 竹の子と鶏肉スープ

新鮮な竹の子は缶詰の竹の子とは歯ざわりがまるで違う。
やっぱり新鮮な竹の子はいいな。
この竹の子を使ってスープを作ってくれた。
あんまり、期待はしていなかった。R0019662
食欲がそれほどなかったのかもしれない。
飯を食うより、他にやりかけのことがある。
そっちを片付けたかった。
「食事よ!ちゃんと食事をしなくちゃ駄目よ。そんなもの後でやればいいじゃない!」
ヌチャナートが怒っているので、飯を食うことにした。
一口食って、その美味さに驚いた。
「ヌー、このスープは美味しいね」
竹の子と鶏肉はよく味があう。
鶏肉にはスープの味がしみこんでいる。
食べているうちに汗が吹き出てきた。
この美味さの影に唐辛子が相当入っているのだろう。
唐辛子の辛さは感じないが唐辛子の発汗作用は利いているので汗が吹き出るのだ。
ハンカチで汗を拭きながら、食べる。
また作ってもらうことにした。

2007/5/24

|

« もやし炒め タイ風 | トップページ | 竹製の爪楊枝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もやし炒め タイ風 | トップページ | 竹製の爪楊枝 »