« 若鮎のトムヤンプラ | トップページ | ゲンマラゴー »

2007年5月 7日 (月)

プラムックサルン

これは思い出の料理だ。
ヌチャナートとデートした時、ヌチャナートが選んでくれた料理なんだ。
日本人だけだと、こういう料理を注文したくても注文できない。
そばでこれを食べている人がいれば「あれ!」と指を差して注文できるけど、
なかなかそう言う都合がいい場合はない。

R0019560 唐辛子が沢山乗っていて、カラーイぞう!
泣いても知らないほど辛いぞ!
その辛味の影に美味さが隠れている。
辛味に弱い人でも、その美味さに釣られて食べてしまう。
そして「ハアー、ヒイー」とやる。

魚型の鍋の下に固形燃料を入れてゆっくり煮ながら食べる。
海老などはすぐに煮えるので固形燃料で加熱すれば十分に食べられる。
目で見ても楽しめる料理だ。

2007/5/4

クチコミblogランキング TREview

|

« 若鮎のトムヤンプラ | トップページ | ゲンマラゴー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7714095

この記事へのトラックバック一覧です: プラムックサルン:

« 若鮎のトムヤンプラ | トップページ | ゲンマラゴー »