« バナナの蕾のごった煮 | トップページ | レモンの使い方 »

2007年5月31日 (木)

和風蕎麦タイ版

タイで買ってきたものだ。
一度、これをタイで試食した。
ちょっと食べただけで笑い出してしまった。
日本の蕎麦の味を期待して食べたなら、期待はずれでがっかりする味だ。
パッケージは日本の蕎麦の雰囲気がでている。
タイでこの写真を見れば駅の立ち食い蕎麦の味を思い出す。
パッケージを開けると、アルミ箔に入った和風だしとわかめが入った袋がでてくる。
R0019729_1
凍結乾燥した蒲鉾や鳴門、えのき、椎茸は入っていない。
パッケージの写真は調理見本なのだ。
日本人には全く期待はずれの味だが「タイ人から見ると、これが日本の蕎麦の味なんだ!」と分かるので、笑

い出したくなる。
汁は和風になっている。
これは合格点をあげましょう。
麺がいけません。麺はラーメンをそのまま使っています。
蕎麦粉の麺だと、ざらざらした蕎麦特有の感触がある。
これは小麦粉だけなので、麺がつるつるしている。
麺の感触だけで「これは日本の蕎麦ではない!」と感じてしまう。
蕎麦の感触を知らないタイ人にはそんなことは問題にならない。
タイ人は唐辛子の辛味のないそば汁だけで異国風、日本風と感じるのだろう。
この蕎麦はタイ国内向けの商品だから、この味で問題ない。
日本に輸出しようとしても絶対に無理な商品だ。
この味をどう説明したらよいだろう???
和風出汁のなかにインスタントラーメンを入れた感じかな?
興味がある人は、タイで買ってきたらいかかでしょうか?
珍しいタイ土産になるかな?
きっと笑ってしまいます。

2007/5/30

クチコミblogランキング TREview

|

« バナナの蕾のごった煮 | トップページ | レモンの使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8131037

この記事へのトラックバック一覧です: 和風蕎麦タイ版:

« バナナの蕾のごった煮 | トップページ | レモンの使い方 »