« ムートート 豚肉の炒め物 | トップページ | 白瓜のソムタム »

2007年5月12日 (土)

プラケム 魚の塩漬

魚が大好きなヌチャナートは鯵が安かったので大量に買い込んだ。
「幾ら安いからと言っても、そんなに買い込んでどうするの?」と日本人は思ってしまう。
ウチの場合は心配いりません。
塩漬けにしておきます。
漬け込むうちに発酵がすすみ、鯵はいい味になってくるのです。
魚からしみ出た汁も捨てるなんてもったいないことはしません。
ちゃんと料理に使います。R0019585
「今日は何を食べようか?作るのが面倒だな?」
なんて思う時に塩漬けの魚を取り出して焼くんです。
炊き立てのあつあつのご飯に乗せても美味しく食べられます。

今日はタイの餅米を炊き上げるという。
餅米と塩漬けの魚は相性がとてもいい。
甘い餅米と塩辛い魚を一緒に食べると実に美味しい。
「餅米を炊いたなら、塩漬けの魚も焼いてくれよ」
ヌチャナートに頼んでおいた。

塩漬けの魚と一緒にでるものがタイ風なんですね。
小さな紫玉ねぎ、ニンニクと唐辛子がついています。
餅米を指で丸めて、塩漬けの魚に押し付けます。
塩分と魚の旨味が餅米に移ります。
それだけでも美味しいのですが、魚の身を餅米に乗せ唐辛子や玉ねぎなどと一緒に食べると更に美味しくなるのです。

市販の鯵の開きを生の唐辛子、ニンニク、玉ねぎで食べても美味しいと思いますよ。
冷蔵庫が普及したので最近の干物は薄塩になっていますね。
こういう食べ方をするには昔のように塩を沢山振ってから干物にしたものでないと美味しくないです。
日本人はこんなに唐辛子を食べませんから、写真のように生の唐辛子を何本もいれる必要はないでしょう。
彩り、お飾りに唐辛子を使いましょう。
ほんのちょっと唐辛子を齧って「ヒイーヒイー」言いながら食べるのも楽しいものです。

2007/5/11

|

« ムートート 豚肉の炒め物 | トップページ | 白瓜のソムタム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムートート 豚肉の炒め物 | トップページ | 白瓜のソムタム »