« ゲンノーマイガイヘット 筍と鶏肉と茸 | トップページ | トイレットペーパーと環境問題 »

2007年5月29日 (火)

パットプアチアン 春雨とヤングコーン炒め物

ちょっとご飯が残っている。
これをタイ風の焼飯カオパットかお粥にすればいいと思っていた。
それなのに、ヌチャナートは春雨を取り出していた。
なんだか嬉しそうに笑いながら、春雨を戻している。
「サミイはこの料理を知らないわよ。きっと驚くわ。」
「・・・」R0019709
さやえんどうの新鮮な香りがする。
晴天の日に草刈をしているような青臭い香りだ。
缶詰のヤングコーンも取り出している。
いったい何をつくるのかわからなかった。
「できたわよ。見て!」
野菜炒めのようなものが出来上がっていた。
たしか、春雨を用意していたはずだが、春雨は何処にあるのか?どうしたのだろうか?
野菜の下を見たら、そこに春雨がいました。
白く透明な春雨がナンプラを吸い込んで炒められ茶色になっていた。
春雨には美味しい味が染み込んでいる。
「あら!全部たべちゃったのね。嬉しいわ!サミイは何でも食べてくれるのね。助かるわ。」
今日も珍しい料理を作ってくれたヌチャナートに感謝!感謝!

2007/5/28

|

« ゲンノーマイガイヘット 筍と鶏肉と茸 | トップページ | トイレットペーパーと環境問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲンノーマイガイヘット 筍と鶏肉と茸 | トップページ | トイレットペーパーと環境問題 »