« 暑くなってきた | トップページ | こんなラーメン »

2007年6月29日 (金)

ポークソティとセロリのスープ

主婦として旦那の好きな食べ物を作ってあげたい。
そうかと言って、いちいち旦那がなにを食べたいか考えるのも面倒だ。
それで旦那に「今日は何を食べたいか?」聞く。
聞かれた俺も考えるのが面倒だ。P1010234pct13
「なんでもいいよ」と答える。冷蔵庫から豚ロースの厚切りだした。
「これでいい」
「うん」
「どうやって食べる?」
「・・・・・」
「あれする?これする?」
本当は料理の名前をタイ語で言ったのだが、なんと言われたのかわからない。
適当に「うん」と答えておいた。「うん」と言っておけば、なにか料理がでてくる。
返事をしなければ夫婦喧嘩になる。、ヌチャナートが怒る。

「スープはどう?」
「欲しいな」
どんな料理がでてくるのかわからない。すべてヌチャナートにお任せだ。
任せておいても大丈夫なのだ。いつも美味しい料理を作ってくれる。

「できたわよ」
食卓を見て驚いた。ポークソティが出ている。
ポークソティはタイでもあるだろうが、そんな料理を見た記憶がない。
豚ロースをタイ風に味付けしてフライパンで炒めたポークソティは絶対にあるはずだ。

今日の豚ロースは塩胡椒で焼き上げた単純な西洋風味付けだ。
肉を皿に盛るのも西洋風だ。ここまでは想定内だからそれほど驚かない。
驚いたのは皿にはナイフと割り箸がのっていることだ。
こんな組み合わせはタイでも見たことがない。

タイの食事はフォークとスプーンで食べる。
麺類がある時は中国風の箸を使う。
ナイフを食事に使うことはない。肉を切り分けるにはスプーンをナイフのように使う。

ヌチャナートはナイフで肉を切り箸で食べればいいと考えたのだろう。
もうおかしくて奇妙な組み合わせを注意する気にもならなかった。
黙って出されたものを食べた。
いい塩加減でおいしく焼けている。
ナイフとフォークで出したなら西洋人はこの料理をごく当たり前の食事として受け入れ
る。

スープは薄いトマトスープをベースにした、セロリが沢山はいったスープだ。
柔らかく煮込んだセロリが好きだ。
スープを入れたボウルにはステンレスのレンゲが入っている。
このレンゲはタイで調味料を買った時についてくるおまけの品だ。

俺は商品よりもおまけを見て買う。
これからの季節、冷たい飲料にくだらないおまけがついていることが多い。
コーラを買おうと店に入り、ジュースにおまけがついていたらジュースを買う。
この調味料も、スプーンのおまけがあるからを買ったというのが正しい。

おまけ付きの調味料で味付けしたこのスープも西洋人が受け入れる味だ。
タイの香草が入っていないのでタイ料理特有な香りがない。
今日の飯は完全に西洋風な味付けになっている。
西洋風にナイフとフォークを皿の両脇に並べ、スープから順番に食事を出せば完全に西洋料理だ。
毎日、タイ料理ばかりでは旦那が気の毒だと思って作ってくれた料理だ。
ごくごくたまに、こんな料理がでることもある。

2007/6/28

|

« 暑くなってきた | トップページ | こんなラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/6965922

この記事へのトラックバック一覧です: ポークソティとセロリのスープ:

« 暑くなってきた | トップページ | こんなラーメン »