« 朝粥のおこげ | トップページ | パセリ料理 »

2007年6月 9日 (土)

紙皿は環境に

ファミリーレストランのロイヤルホストだと思ったな、紙皿ハンバーグとか書いた垂れ幕が下がっていた。
紙製の鍋ですき焼きなどの鍋物を出すことがある。
鍋物の場合、水分が入っている間は直火で加熱しても鍋は絶対に燃えることがない。
ハンバーグの場合は水分が少ないから直火で加熱できない。
どうやって加熱するのか興味があった。

ヌチャナートは洋食に馴染みがないので、洋食を好まない。
「紙の皿で加熱するハンバーグを食べに行こうよ。」
「ええ-!嫌よ!ハンバーグ、好きなの?」
「好きじゃないけど、どんなものか見たいだけだよ。」
俺の物好きにヌチャナートは呆れていた。

ファミリーレストランは俺にとってラクチンだからいい。
外人とレストランに行ったことがない人には絶対にその理由がわからない。
ファミリーレストランのメニューには必ず写真がある。
それを見れば、これはどんな料理か想像できる。
俺はヌチャナートに「この料理はどんなものか」いちいち説明する必要がない。

嫌がるヌチャナートを連れてファミリーレストランに行った。
俺はお目当ての紙皿のハンバーグに決めている。
ヌチャナートは長いことメニューを見つめて、決心したように一品を指差した。

R0019842pct40 紙皿のハンバーグが出てきた。
俺はテーブルの上で直火で紙皿のハンバーグを焼き上げるのだと思っていた。
出てきたものは鉄皿の上に紙皿があり、そこにハンバーグが乗っていた。
俺が想像していたものと違うので、”騙された!”と俺は思った。
店の名誉の為に言っておく。
決して店は俺を騙していない!

要するに鉄皿を洗う手間を省くために考え出されたのだと俺は思う。
うーん、これは環境に優しいのかな?
値段も高そうな真新しい、厚手の紙だ。
こういう出し方なら再生紙でもいいんじゃないかな???

そんなことを考えながら食べていた。
でもなんとなく味が物足りない。
いつも辛いタイ料理ばかり食べているので、この料理には刺激がない。
タバスコソースでもないかとテーブルを見渡した。
俺は完全に唐辛子中毒になっている!

2007/6/9

クチコミblogランキング TREview

|

« 朝粥のおこげ | トップページ | パセリ料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8130468

この記事へのトラックバック一覧です: 紙皿は環境に:

« 朝粥のおこげ | トップページ | パセリ料理 »