« ゲテモノか?蝸牛料理 | トップページ | タイ風うどん »

2007年7月21日 (土)

パッカパオヌア

P1010686pct13 腹が減ったと言ったらヌチャナートが料理を作り始めた。
換気扇を回さなかったのだろう、唐辛子が加熱されてくしゃみがでる。
「近所でも、きっとくしゃみをしているよ」
今日は特別に煙が多い。
この料理は俺の好物なんだ。タイ蜜柑の葉っぱも入っている。
これだけの唐辛子を見たら近所の人はそれだけで吃驚するだろう。
唐辛子を見ただけで「辛そう!」と言って手を出さないかもしれない。
この料理は辛いだけではない。香りがいいのだ。
素麺が茹でてあった。パッカパオを素麺で食べろというのか?
パッカパオを素麺で食べてみた。うん、食えないこともない。
ヌチャナートが食卓についた。ヌチャナートは別の料理、魚を使った料理を出してきた。
その料理と素麺を食べていた。俺にはご飯をよそってくれた。
「ああ、辛くて美味しいわ」
ヌチャナートが辛いと言うのだから絶対に辛い。
俺は黙って肉を取りご飯に乗せる。
「これは美味い!」
辛味と香りでご飯をもりもり食べてしまう。
途中で食事を止めることができない。
肉がなくなるまで食事は絶対に止まらない。
もう肉はなくなったが皿に美味い油が残っている。
皿を傾けると油がゆっくり流れて一箇所に集まる。
その油も飲んでしまった。
いい香りと旨味が溶け込んだ油だ。

2007.7.21

クチコミblogランキング TREview

|

« ゲテモノか?蝸牛料理 | トップページ | タイ風うどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7226775

この記事へのトラックバック一覧です: パッカパオヌア:

« ゲテモノか?蝸牛料理 | トップページ | タイ風うどん »