« 塩茹での夕顔 | トップページ | 南瓜のお菓子 »

2007年7月17日 (火)

オイルサーディン

P1010636pct13 どういうわけかスーパーでオイルサーディンの缶詰を見たら食いたくなった。
オイルサーディンにまつわることを思い出していた。
それほど美味しいとは思わないが、なんとなく食いたくなった。
これをヌチャナートに食べさせてみよう。
金持ちが行くタイのスーパーに行けばこの缶詰はあるかもしれないが、タイの
庶民はこの缶詰を知らないはずだ。
「ヌー、タイにこの缶詰はあるかい?」
「ないわよ」
思った通りだ。多分あるだろうが、ヌチャナートが知らないだけだろう。
「魚でしょ?以前、サミイが食べさせてくれたわ」
そんなこともあったか?忘れている。

オイルサーディンの缶を開けてヌチャナートに見せた。
「これを食べようと思うんだ」
こうやればヌチャナートが缶詰に手を加えてくれるはずだ。
おそらく魚を皿にとり、ニンニクの薄切りと生の唐辛子を散らすだろう。
これだけでもぐーんと美味くなるし、これは日本人の発想にない料理だ。
「これをサラダにする?」
おお、そういう食べ方もあるのだ。タイ風サラダを作ってもらうことにした。
「この油も美味しいのよね」
缶詰の状態を見て油に旨味が移っていると考えたのだ。
「ああ、そうだよ」
「この油も使うわ。いいでしょ?」

俺が想定していた単純なものとは違うタイ料理ができた。
この味は完全にタイの味だ。
これだけでご飯を食べてしまった。
小さな缶詰なので魚は二匹しか入っていない。
野菜も沢山ある。唐辛子やニンニクの刺激で食が進む。
体によさそうな料理だ。

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

2007/7/16

|

« 塩茹での夕顔 | トップページ | 南瓜のお菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7174595

この記事へのトラックバック一覧です: オイルサーディン:

« 塩茹での夕顔 | トップページ | 南瓜のお菓子 »