« 鶏肉とキャベツの牡蠣油炒め | トップページ | タイのアイスクリーム »

2007年8月11日 (土)

ソムタムと朝顔

P1020093pct13 ヌチャナートはソムタムを作り始めた。いちおう俺にソムタムを食べるか聞く。
俺は断った。
「食べないのね。自分用のソムタムを作るわ」嬉しそうに笑う。
本当のタイの味を作れるからだ。
カニを発酵させたもの、公魚を発酵させたものを取り出してくる。
この臭いがひどい。俺が納豆を食うと、ヌチャナートが
「よくそんな臭い物を食べるわね!」と厭きれるが、俺もこのカニや公魚の臭いにあきれてしまう。
この味と臭いがないと、美味しいソムタムにならない。
茹でておいた冷麦にソムタムを混ぜる。
真っ赤な色はいうまでもなく唐辛子だ。それにトマトが入っているので、余計 辛そうに見える。
今日はタイの唐辛子が切れたので、日本の唐辛子を使っている。
日本の唐辛子は赤みが強いが辛味がない。
辛味を求めて多めに唐辛子を使う。
「ああ、辛い。いい辛味だわ!」と言いながらヌチャナートはソムタムを食べている。
タイ人が辛さでヒィーヒィー言うのだから、日本人の口の中は火事になる。P1020094pct13

今日はソムタムの他に朝顔をだした。
最近は朝顔を空芯菜という名前で売っている。
初めて空芯菜を食べた時、Fried Morning Gloryとして食べたのでこの野菜は「朝顔」として俺の頭に焼き付いている。
簡単で美味しい空芯菜の食べ方を日本人は知らないだろう。
これ以上、簡単なものはない。
洗ってそのまま、食卓にだすだけだ。
空芯菜を指でくるくると巻いて食べやすい大きさにする。
いとも簡単にヌチャナートは朝顔を
ヌチャナートは空芯菜をソムタムと一緒に食べている。俺は唐辛子とニンニク、レモンのソースにつけて食べる。
「朝顔は生でも食べられるのだ。これはサラダと言っていいか?」
意外と美味いから、是非、お試しを。
レタスなどと一緒に混ぜて好みのドレッシングをかけても美味しいはずだ。

2007/8/11

クチコミblogラ ンキング TREview

|

« 鶏肉とキャベツの牡蠣油炒め | トップページ | タイのアイスクリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7495889

この記事へのトラックバック一覧です: ソムタムと朝顔:

« 鶏肉とキャベツの牡蠣油炒め | トップページ | タイのアイスクリーム »