« 竹の子カレー | トップページ | 豚のすね肉 »

2007年8月24日 (金)

スップマクア

P1020244pct13

塩漬けの魚と茄子、生椎茸を煮て叩き潰した物だ。
白い玉ねぎとミントの葉で彩りを鮮やかにしている。
見た目にも美味しそうな色合いだ。
約束のように唐辛子が入っているの当然だ。
この料理をヌチャナートはスップマクアと呼んでいた。
ちょっと塩っぱいがご飯と一緒だとちょうどよい塩加減だろう。
魚が好きなヌチャナートは美味しいと言いながら食べている。
魚の生臭みが気になって俺はこの味を受けない。
タイ料理だけを食べ続けているうちに、自然の成り行きで
好きなタイ料理と好まないタイ料理が出てきた。

スップマクアを冷蔵庫で冷やしておいた。
そうすると生臭みが消えて、美味しくなった。
皮を剥いた生の胡瓜と一緒に食べるとかなりうまい。
唐辛子の辛味が浮き出している。
ピリッとした刺激が快い味になっている。
胡瓜の淡白な味に複雑な味が加わり美味さとなっている。

2007/8/23

<a href="http://treview.jp/blogrank/in.cgi?sno=wpxSeelU" target="_blank">
  クチコミblogランキング TREview
</a>

|

« 竹の子カレー | トップページ | 豚のすね肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7654413

この記事へのトラックバック一覧です: スップマクア:

« 竹の子カレー | トップページ | 豚のすね肉 »