« 開いたバナナの蕾 | トップページ | ラムネのビー玉 »

2007年9月 4日 (火)

島唐辛子とプリッキヌー

P1020386pct13 島唐辛子を戴いた。ウチは唐辛子なら幾らでも食べるから大歓迎だ。
まして生の唐辛子はなかなか手に入らない。
ヌチャナートは大喜びだ。
「これでソムタムを作るわ」
いつも生の唐辛子と言っているのは大概は冷凍物だ。
唐辛子の味見なんて日本人にはなかなかできない。
舌が痺れてあっちとこっちの差なんて比較できないのが実情だ。

二列に並んだ唐辛子のうち、下の列が島唐辛子だ。
上の列の物はタイで辛いと言われているプリッキヌーと変な名前がついている唐辛子だ。
直訳すると「鼠の糞唐辛子」となる。
なぜ、鼠の糞なのかわからない。形が似ている?
このプリッキヌーをタイ人は美味しそうに齧る。
俺がまだタイ料理を良く知らない時、可愛らしいプリッキヌーを食べようとした。
「ああ、駄目々!それは辛いよ。」
外人はプリッキヌーを食べられないと知っているので注意してくれた。
試しに食ってみたら、物凄く辛かった。
「辛いねええ・・・」
タイ人は大笑いしていた。

自家製のソーセイジを焼いて、島唐辛子とプリッキヌーで食べた。
どちらも美味しい唐辛子だ。

2007/9/4

クチコミblogランキング TREview

|

« 開いたバナナの蕾 | トップページ | ラムネのビー玉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7801894

この記事へのトラックバック一覧です: 島唐辛子とプリッキヌー:

« 開いたバナナの蕾 | トップページ | ラムネのビー玉 »