« 朝顔の炒め物 | トップページ | 島唐辛子とプリッキヌー »

2007年9月 4日 (火)

開いたバナナの蕾

P1020371pct13 近所にバナナの木がある。植物学的にはバナナは草らしいが、俺達の目には木に見える。
一箇所のバナナの木に出来た蕾は切り取られていた。
あのバナナの蕾を食べてみたいと思っていたのに残念だ。
「残念だな」俺の気持ちを無視するようにヌチャナートは言う。
「あんなの、苦くて不味いわよ」
そうかも知れないが、俺はまだ不味いバナナの蕾を味わったことがない。
どのくらい不味いのか試したい。

もう一箇所のバナナを見た。
そのバナナは蕾がはじけて小さなバナナができていた。
この暑さがもう少し続けばバナナはもっと大きくなる。
黄色く熟するまでには至らない。
日本でバナナがそこまで大きくなったら大変だ。
そうでなくとも地球温暖化が叫ばれている時代だ。
バナナが大きくなるのを見たいが、「これでいいのだ。よくここまで育った」という相反する気持ちが入り混じっている。

2007/9/3

クチコミblogランキング TREview

|

« 朝顔の炒め物 | トップページ | 島唐辛子とプリッキヌー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7799020

この記事へのトラックバック一覧です: 開いたバナナの蕾:

« 朝顔の炒め物 | トップページ | 島唐辛子とプリッキヌー »