« 米の砥ぎ汁 | トップページ | ブロッコリーの野菜炒め »

2007年9月26日 (水)

ノーマイサイガイ 鶏肉、竹の子、茄子の煮込み

P1020610pct13冷蔵庫をあけて鶏肉を取り出した。
ヌチャナートは「日本の竹の子は美味しくないわ」と言って普段は買わないのに、袋入りの細い竹の子を買った。
日本にある竹の子は中国からの輸入品が殆どだ。今の時期は新鮮な竹の子なんてない。
タイの竹の子にも種類があって、料理によって使い分け、その切り方も違う。
竹の子なんてどれだって同じと思うが、ヌチャナートにはそれぞれ違う物に見えるらしい。
「あら、茄子もあるわ。可愛い茄子ね。」
小茄子があったので、買い込んだ。これを買った時、タイにあるいろいろな種類のナスを思い出していた。
「この茄子ならもっと買っておけばよかったのに」
どうやら小茄子はヌチャナートのお気に入りだったようだ。
この漬物も美味しいんだけど、ヌチャナートは作らない。
茄子はカレーのような煮込み料理の素材になる。
鶏肉、竹の子、茄子をタイの香辛料と共に煮込んでいる。
強い香りが立ち込める。この香りを嗅ぐと料理ができてくるのを楽しみになる。
ウコンで黄色く染まった竹の子が出てきた。
鶏肉も黄色くなっている。
タイ蜜柑の葉を取り除きながら食べる。辛味もほどほどだ。
茄子も柔らかに煮えている。もしこの料理をタイで作るなら、どんな茄子をヌチャナートは使うのだろうか?
ピンポン玉のような緑色の茄子を使うのだろうか?
それとも葡萄の粒みたいに小さな茄子を使うのだろうか?

茄子と言えばタイでも焼き茄子を売っていたな。
旨そうなんだけど、買って食ったことがなかった。今度、食べてみよう。

こういうものを試食するのは簡単のようで難しいんだよね。
食おうとする時は見つからない。
見つけた時は食後すぐで、腹いっぱいで食べる気にならない。
昨日、ここの屋台で見たからと思って出かけると、今日は屋台はいない。

2007/9/26

クチコミblogランキング TREview

|

« 米の砥ぎ汁 | トップページ | ブロッコリーの野菜炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8114686

この記事へのトラックバック一覧です: ノーマイサイガイ 鶏肉、竹の子、茄子の煮込み:

« 米の砥ぎ汁 | トップページ | ブロッコリーの野菜炒め »