« ナンプラと醤油 | トップページ | 苦い物 »

2007年9月12日 (水)

パットトワ 長豆の炒め物

P1020425pct13 今日は、ヌチャナートがパットトワと呼んでいる料理がでた。
知り合いのタイ人から戴いた長豆を炒めた。
自宅の庭で栽培しているものだそうだ。
日本では余り長くならないとのこと。家庭菜園だからだろうか?
インゲンより細くアメリカで見るグリーンビーンズみたいだ。
これを肉と炒めた。
この料理はパッカパオ見たいだ。
「これはパッカパオかい?」
「違うわ。パットトワよ」
どうやら豆の炒め物と考えるようだ。
肉の赤味と豆の青味の色の対比が綺麗だ。
唐辛子も沢山入っているので、辛いがまとまった味だ。
タイ蜜柑の葉の香りなどと一緒になるので、食べ始めは辛味をそれほど感じない。
食べているうちに、じわーっと辛味を感じる。
飛び上がる辛さではなく、じわじわと汗がでてくる辛さだ。
ちょっと爽快さを感じる辛さだ。
料理をスプーンで取る。炒めた時に使った油が皿についている。
油は唐辛子からでた色で赤くなっている。
こんなにも油が赤くなるのだから、唐辛子はそうとう入っているはずだ。
汗がでてくるのも無理はない。

2007/9/11

クチコミblogランキング TREview

|

« ナンプラと醤油 | トップページ | 苦い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7909592

この記事へのトラックバック一覧です: パットトワ 長豆の炒め物:

« ナンプラと醤油 | トップページ | 苦い物 »