« パットムウ 豚肉の炒め物 | トップページ | トムヤンガイ 鶏のタイ風辛酸味スープ »

2007年9月24日 (月)

卵の茹で時間

P1020588pct13 ヌチャナートが卵を茹でていた。卵を茹でている間ヌチャナートはなにか別のことをやっている。
どうやって茹で加減がわかるのか?
とにかく、適当な時間に戻ってきて卵を取り出す。
そうするとちょうどよい半熟卵が出来上がっている。
「日本の卵は茹でるのに時間がかかるわ。タイの卵はすぐに茹で上がるわ」
そんな馬鹿なはずはない。
タイでは軍鶏の赤い殻の卵が多い。日本は白色レグホン?という鶏の白い殻の卵が多い。
鶏の種類で多少は蛋白質の組成が違うから、茹で上がる時間が異なることも考えられる。
しかし目に見えて顕著な差はないはずだ。

ヌチャナートは経験で日本の卵の茹で時間は長くかかることを知っている。
何が茹で時間の差になっているのか考えた。

タイでは卵を冷蔵庫に保管しない。みんな常温で保管している。
日本でもちょっと前までは卵の常温保管が常識だった。
ウチでは卵を常温保管している。
タイの常温と日本の常温では気温の差が大きい。
夜になって涼しくなったなと思ってもタイでは30度はある。
日本では30度と言えば熱帯夜だ。こんな夜は一年に何度もない。
暖房を施した日本の部屋の温度は28度くらいだ。
冷暖房のない時期は20から25度位なのではないか?もっと低いかもしれない。
タイでは既に温かい卵を茹でるから、日本より茹で時間が短くてすむのではないかな?
鶏の種類によって茹で時間に差はないはずだ。

「タイの卵は日本の卵より温かいから茹で時間が短くてすむのだよ」
こう説明したらヌチャナートも納得したようだ。

2007/9/23

クチコミblogランキング TREview

|

« パットムウ 豚肉の炒め物 | トップページ | トムヤンガイ 鶏のタイ風辛酸味スープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8082487

この記事へのトラックバック一覧です: 卵の茹で時間:

« パットムウ 豚肉の炒め物 | トップページ | トムヤンガイ 鶏のタイ風辛酸味スープ »