« わさび菜 | トップページ | 食後に水を »

2007年9月30日 (日)

パッカパオヌア

「腹が減った」と言うとヌチャナートは立ち上がって料理の準備を始めた。
肉を炒めると言って、肉を冷蔵庫から取り出していた。
「唐辛子はこれでいい?」唐辛子を三本ほど見せる。
これを肉と一緒に炒めるのだとすぐにわかった。P1020647pct13
長い豆も取り出していた。
肉を炒めると美味しそうな臭いが立ち込める。
こういう臭いに食欲を刺激されるようになっている。

出来上がった料理にはフアラパーが入っている。
この香りが好きだ。長い豆の緑が唐辛子の赤と冴える。
ほどほどの良い辛味がある。
唐辛子が三本も入っているので極辛でないのか??
極辛ではない、ほどほどだの辛味だ。

辛味は味ではなくて痛覚だという。
唐辛子を食べると確かに痛いような感覚がある。
この痛みの感覚はだんだん感じなくなる。
昔は唐辛子を一本食べたら、口の中が火事になったものだ。
それが唐辛子三本入りの料理を食べて平気な顔をしている。
ヌチャナートはこの程度の辛味は辛味のうちに入らないと感じているはずだ。

2007/9/29

クチコミblogランキング TREview

|

« わさび菜 | トップページ | 食後に水を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8177196

この記事へのトラックバック一覧です: パッカパオヌア:

« わさび菜 | トップページ | 食後に水を »