« ソムタムと秋刀魚 | トップページ | 苦いラープを »

2007年9月15日 (土)

ジャックフルーツのシチュウ

P1020479pct13 これも俺が大好きな料理だ。缶詰のジャックフルーツだから色が黒ずんでいる。
新鮮なジャックフルーツは白くて綺麗だ。
日本では缶詰で諦めるほかない。
缶詰のジャックフルーツで作ったものでも結構おいしい。

初めてジャックフルーツのシチュウを食った時、旨さに驚いた。
俺はタイの市場で大きなジャックフルーツを買ってきた。
重たい大きな果物だ。
俺が買い込んできたジャックフルーツにヌチャナートは興味を示さない。
隣人がそれを見て「ちょっと頂戴よ」と言う。
ヌチャナートは「いいわよ」と言う。
ジャックフルーツはヌチャナートのお気に召さないのだと思っていた。
隣人がジャックフルーツのシチュウを作って持ってきてくれた。
うまかった。
ジャックフルーツを煮込むとこんな味になるのだ!
驚き、感激した。
「ヌチャナート、これ美味しいよ!食べてごらん!」

別の機会にジャックフルーツを市場で買った。
シチュウを作って貰いたかった。
でも俺が買ってきたジャックフルーツはシチュウにはならない完熟したものだった。
割ると、甘美な臭いが漂う。子供達が嬉しそうに果物を食べていた。
俺が期待していたシチュウは食べられなかった。

俺には、ジャックフルーツの未熟果と完熟果の区別がつかない。
果物と言うと生食するのが、日本人の習慣だ。
熱帯の果物パパイヤやジャックフルーツの未熟果は野菜として料理の素材になる。

2007/9/15

クチコミblogランキング TREview

|

« ソムタムと秋刀魚 | トップページ | 苦いラープを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7957088

この記事へのトラックバック一覧です: ジャックフルーツのシチュウ:

« ソムタムと秋刀魚 | トップページ | 苦いラープを »