« ゲンファクサイガイ 冬瓜いりチキンスープ | トップページ | 手抜き鴨の炙り焼 »

2007年10月 3日 (水)

ナンプラにラップを

俺達日本人の醤油にあたるタイの調味料はナンプラだ。このナンプラは魚を醗酵させて作るから臭いがきつい。
今じゃ、ナンプラの臭いが気にならないが、俺もナンプラの臭いが嫌だった。ナンプラは臭いが悪いが味の方はいいものを持っている。
欧米人はどう感じるか分からないが、俺達は醤油の臭いが気にならない。
醤油に臭いがあることすら忘れている。
刺身などにつける醤油が小皿に残ったとしよう。その醤油を次に使うために残しておく。
小皿にラップをかけるのは、醤油に埃が入らないようにするためだ。
醤油の臭いが気になるからではない。

食事の後に、ナンプラと唐辛子が入った物が残った。ヌチャナートが言う。
この残ったナンプラと唐辛子は次回に使うので捨てない。
「臭いから、これにラップをかけておいてね。」
それを聞いて俺は、はっとした。タイ人もナンプラの臭いはきついと感じているのだ。

「こんな臭い調味料を使わないで、醤油を使え」とタイ人に言っても無理だ。
伝統的なタイ料理にはナンプラが欠かせない。これがなかったならタイ料理にならない。
日本人に刺身をナンプラにつけて食べろというようなものだ。

タイ人もナンプラは臭いと感じていることを知って面白かった。

2007/10/2

クチコミblogランキング TREview

|

« ゲンファクサイガイ 冬瓜いりチキンスープ | トップページ | 手抜き鴨の炙り焼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8220699

この記事へのトラックバック一覧です: ナンプラにラップを:

« ゲンファクサイガイ 冬瓜いりチキンスープ | トップページ | 手抜き鴨の炙り焼 »