« 虫食む人々 | トップページ | タイ風卵スープ »

2007年10月16日 (火)

ムックガイノーマイ竹の子と鶏肉煮込み

何を食べたいかヌチャナートが聞いている。野菜の名前を幾つか
あげる。俺は竹の子を選んだ。この竹の子は姫竹だ。
細くて柔らかい竹の子だ。
竹の子をまな板にのせると、ヌチャナートはすりこ木で竹の子を
叩く。叩かれると竹の子は縦長に細く割れる。
こうすると食べやすくなるのかな?日本の料理の世界ではこんな
ことをやらないと思う。竹の子に鶏肉とたっぷりの唐辛子を加えた。
ぐつぐつ煮込んでいる。これが出来上がりだ。

P1020880pct13

ヌチャナートが「辛いわよ」という位に辛い料理だ。
タイ人が辛いという料理は辛い。
最初はそれほど辛いとは思わなかった。旨さに釣られて竹の子を食べていた。
じわじわと辛味が効いて来た。頭から汗がでる。
汗を拭き拭き食事をしている。タオルで汗を拭いてまた食べる。
なんでそんなことまでして辛い料理を食べるのだ?
普通の日本人はこの辺りでもう食べるのを諦めて降参している。
辛い料理が当たり前になっているので、食事中に汗を拭くのが
普通の姿にもなっている。自分で、その姿に笑い出す。
旨いと感じる時、人は無口になる。黙って食べ続ける。
食い終わり満足して言った。
「美味しかったよ。ありがとう」

クチコミblogランキング TREview

2007/10/15

|

« 虫食む人々 | トップページ | タイ風卵スープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8457531

この記事へのトラックバック一覧です: ムックガイノーマイ竹の子と鶏肉煮込み:

« 虫食む人々 | トップページ | タイ風卵スープ »