« イカの生干し | トップページ | 隼人瓜と椎茸のスープ »

2007年10月24日 (水)

スペアリブの空揚

スペアリブをニンニクと炒めて醤油と砂糖でからめる。砂糖が飴
になるようにする。これに唐辛子を入れてピリッとさせた中華風
の料理は俺の好物なのだが、ヌチャナートには不評だ。
甘味があるのが不評の原因のようだ。
ヌチャナートはスペアリブをナンプラやニンニクなどで味付けを
しておいてから空揚にするのを好む。

空揚の骨を持って肉を齧り食べる。軟骨部分がコリコリしている。
この感触がいい。このような料理は世界中何処にでもあるだろ
うな。ナンプラの代わりにその土地にある調味料を使えば郷土
料理になる。今日はタイの郷土料理ということだな。

P1020978pct13

この料理はカニ料理に似た所がある。カニ料理を食べていると
皆な無口になる。カニの身を話をしながら穿り出せないから、
誰も会話をしなくなる。
スペアリブも話をしながら、肉を骨から剥がせないので無口になる
所がカニ料理と同じだ。

クチコミblogランキング TREview



2007/10/23

|

« イカの生干し | トップページ | 隼人瓜と椎茸のスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8590431

この記事へのトラックバック一覧です: スペアリブの空揚:

« イカの生干し | トップページ | 隼人瓜と椎茸のスープ »