« ワカサギの空揚 | トップページ | 祭の焼鳥 »

2007年10月30日 (火)

ワカサギの南蛮漬

P1030082pct13

ワカサギを煮るか?と聞かれた。煮るというのはトムヤンパーに
することだ。トムヤンパーも旨いが魚の生臭みが嫌だ。
「揚げてくれよ」
揚げれば生臭みは消える。俺はパソコンの作業をしている。
「これを・・・する?」
「うん」と答えておいた。実は何をするのか全く分かっていない。
返事をしておけばヌチャナートは何かを作る。
俺は何が出てくるのか全く分からない。
出てきた物を食えばいいだけの話だ。何が出ても食う覚悟がある
からできる。

食卓を見るとワカサギが南蛮漬になっている。
ナンプラ、酢、レモン、生姜、唐辛子で味付けしてある。
空揚してあるワカサギは頭から尻尾まで食べられる。
淡白な味のワカサギを南蛮漬にしても美味しい。

クチコミblogランキング TREview

2007/10/29

|

« ワカサギの空揚 | トップページ | 祭の焼鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8680453

この記事へのトラックバック一覧です: ワカサギの南蛮漬:

« ワカサギの空揚 | トップページ | 祭の焼鳥 »