« 竹の子とチキンスープ | トップページ | ヌチャナートのソムタム »

2007年10月13日 (土)

猫のご飯にマタタビ

ウチの飼い猫の名前はサダム・フセインだ。いつもサダムと
呼んでいる。こんな名前の猫はイラクにもいないかもしれない。
政治や世界情勢に無頓着なウチの飼い猫は「サダム」と呼ぶと
「ニャー」と返事をする。甘ったれたような声をだすから可愛い。

サダムの大好きなご飯は海老と烏賊だ。ある時、ヌチャナートが
ふざけて海老を食べさせた。そうするとサダムは喜んで食べた。
サダムが喜ぶ物だからヌチャナートは海老を与え続ける。
烏賊も好物だ。日本では猫に烏賊を与えてはいけないという。
サダムは烏賊を食べ続けているけど、まだ腰を抜かしたことが
ない。海老を食べるのだから蟹も食べるはずだ。
蟹を与えたらサダムは食べた。蟹は高いから、俺がカニボコと
呼んでいる蟹風味の蒲鉾を与えた。
魚は食わないサダムだが、臭いに騙されてカニボコは食う。
但し、あるブランドのカニボコは食わない。
サダムもブランド志向だということがわかった。

いろいろな乾いたペットフードも与えている。
水分の少ない食品は人間でも食いづらい。猫も同じだ。
粒々のペットフードをサダムはあまり食べない。

ホームセンターのペットコーナーにマタタビの粉があった。
俺はマタタビの粉を求めた。
「何よ、そんなものを買って!」
マタタビの効果を知らないヌチャナートはご機嫌斜めだ。
「これはな、人間で言えば胡椒みたいなものだ。サダムのご飯に
これをかけるとサダムが喜ぶんだ」
「・・・・ふん!」

この粉をペットフードに混ぜた。
マタタビは猫の好物だ。マタタビの味だか香りに釣られてサダム
がご飯に寄ってきた。
ペットフードの臭いを嗅いでいた。そしてペットフードを食べ始めた。
ヌチャナートはそれを見て笑い出した。

クチコミblogランキング TREview

2007/10/13

|

« 竹の子とチキンスープ | トップページ | ヌチャナートのソムタム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8394716

この記事へのトラックバック一覧です: 猫のご飯にマタタビ:

« 竹の子とチキンスープ | トップページ | ヌチャナートのソムタム »