« 豚の唐揚 | トップページ | しらす干しをタイ人が »

2007年10月11日 (木)

小鯛のプラケム

小さくて可愛いからと言う理由でヌチャナートは小鯛を買った。
この他にも魚を沢山買ってあるが、ヌチャナートはそんなことは
お構いなしだ。安い時に買い込んで塩漬けにしておく。
こうしておけば魚は腐らない。時間と共に醗酵が進んで魚は
落ち着いた味になる。ヌチャナートは魚が好きだから、楽しそう
に魚を漬け込んでいる。塩を振った魚とご飯粒を混ぜる。
魚を醗酵させる時、日本でも穀類を入れる地域があるから、
タイ独特な漬け込み方法ではない。
こうして保存しておくと塩漬け魚プラケムが出来上がる。

P1020814pct13

手間のかかる料理を作りたくない時などに魚を取り出して調理
する。今日は小松菜と一緒に小鯛の塩漬けを蒸しあげた。
ほどよい塩加減だ。
鯛の白身とご飯の味はよくあう上品な組み合わせだ。

2007/10/10

クチコミblogランキング TREview

|

« 豚の唐揚 | トップページ | しらす干しをタイ人が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8342728

この記事へのトラックバック一覧です: 小鯛のプラケム:

« 豚の唐揚 | トップページ | しらす干しをタイ人が »