« コンビーフサラダとレタス | トップページ | 野菜と野草と自然食 »

2007年10月31日 (水)

日本の唐辛子でナムプリック

長さが15センチ、根元の太さが1センチほどの日本の唐辛子を
買った。日本で見る唐辛子の中では大型の唐辛子だ。
生の唐辛子は冷凍保存しておけば長持ちする。この唐辛子も
冷凍保存しておいた。ヌチャナートは料理によって唐辛子を使い
分ける。辛ければなんでもいいと言うわけには行かないらしい。
日本人にはそんな感覚はない。日本人は唐辛子の辛味や香り
に無頓着なのではなくて、違いがわからないだけだ。
ひりひりとした辛味を感じると降参してしまう。
香りを味わう余裕がない。

こんなことを聞いても「ふん、そうかい」「そんなもんだろう」と思う
だけだろう。頭の中で想像できても、実際の生活ではどんな違い
になるか分からない。例えば、
ナンプラと焙煎した乾燥唐辛子を混ぜて焼肉のタレなどにする。
こんなに唐辛子が入っており、ナンプラの塩分もあるから、残った
タレがいかれるはずがない。
味見をしても腐敗臭などなく、まだ使えると俺は感じる。
一晩たったタレをヌチャナートは味見して
「味が変わっているわ。もう駄目よ、捨てましょう」とあっさり言う。
俺には感じない唐辛子の香り、味の違いをヌチャナートは感じ取
る。
食用可能だが、香味が変わった不味いタレなんて使いたくない。
捨てたって高価なタレではない。また新鮮なタレを作ればいいと考
える。唐辛子の香味の違い、変化を日本人とは違ってタイ人は
敏感に感じ取ることができることを理解して貰えただろうか?

P1030101pct13

「ナムプリックを作るわね」
ヌチャナートは大きな唐辛子を冷凍庫から取り出して、グリルで焼
き始めた。焼くことで新たな香りを作り出す。
「日本の唐辛子は辛くないから、このくらい使わないと駄目よ」
20本ほどあった唐辛子を全て使った。
焼きあがった唐辛子を臼に入れて叩き潰している。
味見をしながらナンプラなどを加えて味の調整をしている。
「あらっ!この日本の唐辛子は辛いわ。味見してよ」
最初は辛くないと思った。いい香りだ。香りを楽しんでいるうちに
じわじわと辛くなった。
「ヌー、これは辛いよ」
「そうね、ちょっと砂糖を加えるわね」
生の唐辛子はがさばっているが、こうして叩き潰すと僅かしかない。
これを温かいご飯にのせる。こうすると他のおかずはいらない。
これだけで飯が食えてしまう。
このナムプリックを鶏肉などにつけて食べた。
美味しいナムプリックだが、この唐辛子には欠陥があった。
皮が硬い。小型の唐辛子なら皮を知らないうちに飲み込んで
いる。この唐辛子の場合、皮が口のなかに残る。
それが欠陥だが美味しいナムプリックはできる。

クチコミblogランキング TREview

2007/10/31

|

« コンビーフサラダとレタス | トップページ | 野菜と野草と自然食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8699899

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の唐辛子でナムプリック:

« コンビーフサラダとレタス | トップページ | 野菜と野草と自然食 »