« パッカパオヌア | トップページ | ゲンファクサイガイ 冬瓜いりチキンスープ »

2007年10月 1日 (月)

食後に水を

晩餐会とか昼餐会と言った場合はコースの最後にコーヒーなどがでるからそれを飲む。
普段の食事の時、例えば弁当を食った後などでは、あまり水分を飲むという習慣が俺にはない。
多くの日本人は食後に熱い茶を飲む。俺は茶を出されれば飲むが自分から積極的に茶を所望することはない。
晩飯の後などはそのまま酒を飲み続けるから水分をとっていることになる。
俺は食後に意識的に水をのむ習慣はない。
食後に水を飲まないのを見るとヌチャナートは「水を飲まなくちゃ駄目よ!」と怒る。

どうやら、タイ人は食後に水を飲むのが普通らしい。
レストランや屋台に入ると必ず「お水はどうしますか?」と聞かれる。
日本の場合は黙っていても水はでてくる。出てこない店では勝手に水を飲めというように冷水のサーバーが置いてある。
そして水は無料だ。

水は無料だという考えのまま、タイの店に入る。
暑い中を歩いて来たので、「お水はどうしますか?」と聞かれると反射的に「水をください」と言う。
水は無料だと思っていたら水代をとられていた。
僅かな金額だが無料だと思っているのに、金を請求されるのが面白くない。
それで水を注文しないでカオパットなど食事だけを注文して食っていたことがある。

水道水は飲めないので、飲料水は買うのがタイの常識だ。店で水を注文すれば当然、金を払わなくてはいけない。
それを知るまでは、水代までとるのかと誤解をしていた。
タイには二重価格があって観光客、外国人だと値段を釣り上げる。
水代をとるのは二重価格の一環だと思っていた。

食事の後に水を飲むのは唐辛子で胃腸がやられないようにするためか?
胃の内部に水分を補給することで食べたものを流動的にして消化を助ける?
それもあるだろう。
なんで食後に水を飲まなくてはいけないのか、はっきりした理由はわからないが水は飲むようにしている。
タイ人がそのようにやっているのだから、水を飲むと体のためにいいのだろう。

飼い猫のサダムの食事には唐辛子が入っていないのに、サダムが食事を終えると、ヌチャナートはサダムに水を無理矢理飲ませている。
食後に水を飲むのがヌチャナートの習慣になっているので、猫にも水を飲ませる。

水で思い出した。
バンコックの屋台で出された水がかび臭いことがあった。
こういう時はコーラのようなガス入り飲料を飲むのが安全だ。
ガス入り飲料はその場で栓を開けるから古い物を出されることはない。
外人が多く宿泊しているホテルは中級以上のホテルだ。
そんなホテルでも冷蔵庫に入っているペットボトルの水に異臭を感じたことがある。
田舎では大きな甕に雨水を溜めている。甕の中を覗いたら水蘚が生えていた。ボウフラだか水生昆虫がのんびり泳いでいた。
屋台ではタンクに入った無料で飲める水がある。タンクの蓋をあけてコップで水をすくって飲む。
そのコップが共用だ。コップには埃がついている。この水は危険だ。
多くの場合、タイの飲料水は安全だが注意が必要だ。

俺は水より氷の方が危ないと見ている。製氷段階では衛生管理が行き届いているはずだ。
このブログにも書いてあるように、流通段階で氷が汚染されている。

http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/index.html
の中の「氷売り」の項

2007/9/30

クチコミblogランキング TREview

|

« パッカパオヌア | トップページ | ゲンファクサイガイ 冬瓜いりチキンスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8188257

この記事へのトラックバック一覧です: 食後に水を:

« パッカパオヌア | トップページ | ゲンファクサイガイ 冬瓜いりチキンスープ »