« タイの迷信とサダム・フセインの家出 | トップページ | スペアリブの空揚 »

2007年10月24日 (水)

イカの生干し

サダムの食事を作らなくてはいけない。ヌチャナートはサダムが
好きだからと言って猫にイカを与える。
「冷蔵庫からイカを出してよ」
イカをヌチャナートに渡した。大きなスルメイカだ。
「あら、大きいわね。サダムには足をあげて、身は私達が食べ
ましょうよ」
サダムの食事の一部を横取りする計画を立てた。
「このイカに塩を振るのよ。なま乾きの時に食べると柔らかで
美味しいわよ」
以前、スルメを作ろうとして失敗したことを思い出した。
たしかあの時は梅雨の時期だった。乾燥する前に悪臭が出て
きて、どうにも我慢ができなくなり捨てた。
ヌチャナートはイカを広げて吊るすと主張するが、俺は反対した。
網の上に広げることにした。どうやら今回はうまく行きそうだ。

P1020971pct13


ヌチャナートは生乾きのイカを焼いた。イカはくるくると丸まった。
指でイカを細く千切る。簡単にイカの身は裂ける。
生イカを焼いたのとは違う美味しさがある。塩味もちょうどいい。
今回はイカの生干しに成功した。

P1020982pct13




2007/10/23

|

« タイの迷信とサダム・フセインの家出 | トップページ | スペアリブの空揚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8590305

この記事へのトラックバック一覧です: イカの生干し:

« タイの迷信とサダム・フセインの家出 | トップページ | スペアリブの空揚 »