« コンビーフのサラダ | トップページ | コンビーフサラダとレタス »

2007年10月31日 (水)

大根の煮物と国際化

ヌチャナートが大根を煮込んだ。味見をして「美味しい」を連発して
いた。

俺の母親も大根を煮ては「美味しいわよ、食べなさい」とよく言って
いた。
あの頃の俺は大根なんてちっとも美味しいとは思わなかった。
「美味しいから、食べな!」と強制されるので、余計に食べたくなか
った。大人になり、年を重ねるに連れて軟らかく煮えた大根がうまい
と感じるようになった。

P1030096pct13

ヌチャナートが煮込んでくれた大根を旨いと思いながら食べていた。
「タイにも大根があるよね?」
「あるわよ。でも人参みたいに小さいのよ」
人参は強調しすぎだが、日本の大根のように大きな物はタイには
ない。
「こういう大根の料理はタイにはあるかな?」
「さあ、どうかしら?」
他の具材と煮込んだ大根はあるが、このように大根が主役の料理
はないらしい。日本には風呂吹き大根という美味しい料理がある
ことを教えたかった。風呂吹き大根なんてタイ語で何と言うのか
わからない。タイでも大根はダイコンと言っていたと記憶している。
しょうがないから風呂吹き大根のことを「ダイコン アップナム(風呂
に入る)」と言った。
おかしな表現なのでヌチャナートは笑った。
「ちょっと甘味のある味噌と一緒に大根を食べる。美味しいよ」と
補足説明。こんな大根だけの料理もタイで普及するかもしれない。
タイではナンプラを使って味付けするから色の濃い料理になる
だろうな。味も国際化する。

クチコミblogランキング TREview

2007/10/31

|

« コンビーフのサラダ | トップページ | コンビーフサラダとレタス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8698837

この記事へのトラックバック一覧です: 大根の煮物と国際化:

« コンビーフのサラダ | トップページ | コンビーフサラダとレタス »