« ジャングル葡萄とサル酒 | トップページ | ハヤトウリ »

2007年10月22日 (月)

グルメと偽物食品

最近、やたらと偽物食品が出回っている。
中国から輸入した素麺を三輪素麺と称して売った業者がいた。
○○産黒豚と称して白豚を売っていた業者もいた。
最近のニュースでは○○地鶏と称して卵を産まなくなった廃鶏を
売っていた業者が取調べを受けている。
この業者は10年以上前から嘘の商品を高値で売っていた。
許しがたいと怒る前に笑い出してしまった。

一般消費者や自称グルメには中国の素麺と本物の区別が
つかないから、こんなインチキ商法が罷り通る。
騙す奴は悪い奴だが、「これは安くて旨い三輪素麺だ」と騙される
方にも問題がある。
ブランドだけで味を評価し、自分の舌で評価していないからこんな
ことになる。

生肉を見ただけで黒豚の肉か白豚の肉か区別できるか?
高い値段のインチキ黒豚肉を買って「旨い」「さすが違う」と言う
人が多すぎるから偽物食品が出回る。

○○地鶏と称して売っていた業者は廃鶏の肉は硬く○○地鶏と
区別しにくいので使ったという。インチキ商品を売る業者は悪い
奴だと怒る前に我々も考え直さなくてはいけない。
騙された一般消費者や自称グルメも味がわからないから、
こんなことになる。毎日、味見をしている業者ですら○○地鶏と
廃鶏の区別がつかないという。
年に数回か数十回しか○○地鶏を食べない一般消費者が偽物
と本物の区別ができなくても当然だ。

インチキ業者と渡り合うには自分の舌を鍛錬しなくてはいけない。
「これは違う!偽物だ!」と言い切れる舌を持てばいいのだ。
ブランドや値段で味を決めるのではなく、無名で安い食品の中
から旨い食品を見つけ出せる舌を持たなくてはいけな

い。こういう舌を持つ人が増えれば偽物食品はなくなる。
有名ブランド食品を旨いと言って食べた後で、偽物と知った
なら文字通り後味が悪い。

言うのは簡単だが味を知るというのは簡単ではない。
味わい、考え、比較し、味を記憶するそして味を言葉で表現
できるようにならないといけない。食事のたびにこんな
ことを
やっていたら、旨い物も不味くなる。
これは言いすぎだ。旨い物を心底から楽しむことができないと
言うべきだ。
夜中の受験勉強中にオフクロが持ってきてくれた、インスタント
ラーメンの旨さが忘れられないなんて記憶が誰にで
もある。
美味しい食事はブランドでも値段でもない。
食事が出てきたタイミングで旨さが変わる。
それから食べる状況にもよる。例えば、喧嘩しながら食べる料理
なんて旨いわけがない。税金対策や会社の資金繰りを考え
ながら食べても味なんてわからない。
食事は楽しまなくてはいけない。食事は家族や恋人と談笑しな
がら食べるから楽しくて美味しい。
テレビや他人の評価に惑わされないようになる。
ブランド信奉を止めることが大切だ。
自分の舌が旨いと感じる食べ物が本当に美味しい食べ物だ。
有名ブランドの食べ物を食べて、普段食べている食べ物と比較
しても、何処が違うか分からないものが沢山ある。
業者が騙した○○地鶏と廃鶏が良い例だ。

味の違いなんて微妙なところだ。
世の中にはちょっとした味の違いを区別できる味に敏感な人が
本当にいる。そういう人だけが、「これは他とは違う」とこだわり
を持てばいい。微妙な味の違いが分からない人は、なにも
ブランド食品を求めることはない。

偽物食品のニュースを知ってこんなことを感じた。

2007/10/21

|

« ジャングル葡萄とサル酒 | トップページ | ハヤトウリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8558484

この記事へのトラックバック一覧です: グルメと偽物食品:

« ジャングル葡萄とサル酒 | トップページ | ハヤトウリ »