« 隼人瓜と椎茸のスープ | トップページ | 干し肉にカレー味 »

2007年10月25日 (木)

焼鳥シチュウ、ゲンガイピン

焼鳥を作っていた。ウチの場合、焼鳥は腿肉や胸肉をそのまま
焼く。小さく切って串に刺す串焼きはあまりやらない。
この焼鳥が飯のおかずだと誰しも思う。
いつもなら、ヌチャナートは鶏を焼き始めたらもう何もしない。
時々、やけ具合を見るだけだ。今日は野菜を切ったり、何かを
煮る準備をしている。なんだか楽しそうにしている。
野菜を煮始める頃には鶏が焼きあがった。
焼きあがった鶏をヌチャナートは食べやすい大きさに切って
いる。それを食卓に持ってくるのかと思っていたら、野菜を煮て
いる鍋の中に焼鳥を入れちゃった!
「ゲンガイピンを食べるでしょ?」
「えっ!・・・・・?なに???」
料理の名前から、焼鳥を使った煮込み料理と推定した。
煮込むのならわざわざ鶏を焼く必要ないじゃないか?
エネルギーの無駄遣いだ!
軽い焦げ目のついた鶏皮の香りを求めて、手の込んだことを
やっている。野菜も、竹の子、青い茄子、生椎茸、ターツァイとか
いう中国野菜などを使っている。
タイの香草、香辛料を使っている。唐辛子は忘れずに入っている。
ちょっと面白い料理が出来上がった。

P1020985pct13

多くの場合、焼鳥は酒の肴だ。
食べ残した焼き鳥はチンして温めなおして食べるのが普通の
家庭だと思う。
食べ残った焼き鳥を煮込むと一風変わったシチュウになる。
面白い料理を勉強した。

クチコミblogランキング TREview

2007/10/24

|

« 隼人瓜と椎茸のスープ | トップページ | 干し肉にカレー味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8607485

この記事へのトラックバック一覧です: 焼鳥シチュウ、ゲンガイピン:

« 隼人瓜と椎茸のスープ | トップページ | 干し肉にカレー味 »