« 薩摩揚げ | トップページ | バナナの蕾と豚肉 »

2007年10月 4日 (木)

パッカパオ

今日は挽肉のパッカパオだ。フアラパーという香草の香りがいい。
いつもの通り、辛いけど辛味が嫌味ではない。
この辛味があるから旨いのだと感じる。
ピンポン玉ほどの青いタイの茄子が入っている。
この辛味といい、香りといい、「ああ、タイの料理を食べている」と
感じる。観光旅行でタイに行っても、タイ人と一緒でないとこのような
料理は食べられない。 P1020678pct13
タイ料理なんて日本人に馴染みがないからレストランに入っても何を注文したらよいのかわからない。
お決まりのトムヤンクンなんかを注文してしまう。
タイの料理はトムヤンクンだけじゃない。
パッカパオなんていう美味しい料理もあるんだよ。
辛い物が好きだという日本人ならこの料理はきっと気に入ると思う。
これで冷たいビールを飲むと旨いぞー!
口の中のほてりを冷たいビールで冷やすとまた料理を食いたくなる。
食うとビールを飲みたくなる。

2007/10/3

クチコミblogランキング TREview

|

« 薩摩揚げ | トップページ | バナナの蕾と豚肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8238186

この記事へのトラックバック一覧です: パッカパオ:

« 薩摩揚げ | トップページ | バナナの蕾と豚肉 »