« ガイピン、タイの焼鳥 | トップページ | カニ入り卵焼き、タイ版 »

2007年11月 3日 (土)

タイ人のカニサラダ

ヌチャナートがサラダを作ってくれるという。これは珍しいことだ。
タイには青いパパイヤで作る、パパイヤサラダつまりソムタムは
ある。英語で表現すればサラダとなってしまうタイフードは幾つも
あるけど、欧風のサラダは見かけない。
もちろん、欧米料理の店にいけば、日本人が頭の中で描く
サラダがある。今日は日本人が考えるサラダをヌチャナートが
作るというから驚いた。
「野菜は大きいほうがいい、それとも小さく切る?」
レタスを洗いながら聞いてくる。
器にレタスを敷いてカニの身を乗せた。(カニに見せかけた蒲鉾、
カニボコです。ウチではこれが普通なんです。猫のサダムもこれ
がカニだと思っています。)
これで見た目は立派なカニサラダだ。

P1030124pct13

欧米人が絶対にやらないことをヌチャナートはやってくれた。
カニの上に生の唐辛子を彩りように乗せてある。
「日本の唐辛子は辛くないから、これでちょうどいいわ」
パプリカや赤ピーマンではない、正真正銘の赤唐辛子だ。
この唐辛子は飾りではない、食べるため、香りのために使って
ある。ドレッシングはナンプラを使っている。
やはり、こういう味にならないとタイ人は美味しいと感じないの
だろう。醤油と紫蘇の香りがするドレッシングが日本人の好みに
合うのと似ている。
イタリアンドレッシングなんて作ってもヌチャナートは「ふん!」と
言っている。日本人が醤油から抜け出せないように、タイ人は
ナンプラから抜け出せない。

クチコミblogランキング TREview

2003/11/2

|

« ガイピン、タイの焼鳥 | トップページ | カニ入り卵焼き、タイ版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8733716

この記事へのトラックバック一覧です: タイ人のカニサラダ:

« ガイピン、タイの焼鳥 | トップページ | カニ入り卵焼き、タイ版 »