« パパイヤの種 | トップページ | 豚肉とほうれん草の牡蠣油炒め »

2007年11月21日 (水)

ゲンガイサイノーマイ、鶏肉と竹の子

ほかほかと湯気がたっている鶏肉と竹の子の料理です。
やはりタイ料理だから辛いんですね。
日本人の目からみると、
「どうしてタイ人は朝からこんな辛い料理を食べるんでしょう?」
と不思議に思います。
アメリカ人やイギリス人の目から見ても不思議に思うでしょうね。
朝は小さなパンしか食べないフランス人がこれを見たら驚くでしょう。
「えっ!朝からこんなに食べるの?しかも辛いじゃない!」
でもタイ人には普通のことなんですね。
食習慣の違いを感じさせる朝食です。

P1030333pct13

「アンタ、朝からこんなもん、よく食べるね!」
そんなこと言われても困ります。これしかないんです。
空腹を我慢するか?自分で作るか?食うか?三択です。
貴方ならどうします?
ヌチャナートに「作らせればいい」という手段もありますね。
和食の作り方をタイ語で説明するのも面倒ですよ。
結論:黙って食うのが、一番簡単だ。

クチコミblogランキング TREview

2007/11/21

|

« パパイヤの種 | トップページ | 豚肉とほうれん草の牡蠣油炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9039323

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンガイサイノーマイ、鶏肉と竹の子:

« パパイヤの種 | トップページ | 豚肉とほうれん草の牡蠣油炒め »