« ノムチン、汁がけ素麺 | トップページ | ゲンオンガイ、鶏肉シチュウ »

2007年11月13日 (火)

ホットドッグとマスタード

俺たちがホットドッグというと長細いバンにフランクフルトソー
セイジを挟んだものを意味する。日本にはアメリカの文化が入り
込んだから、「ホットドッグ」と言えば日本人はアメリカ人と同じもの
を想像する。

これがタイに行くとちょっと事情が違う。
日本もタイも仏教の影響が日常生活に入っている。日本の仏教
は肉食を禁じているが、タイの仏教は肉食を禁じていないので、
イには長い肉食文化がある。肉食文化がある所では必ず独特
のソーセイジがある。タイも例外ではない。タイにはタイ独特の
ソー
セイジ文化がある。日本に肉食が入ったのは明治以降
だから、日本独特のソーセイジ文化はまだ芽生えていない。
タイのソーセイジは主に豚腸に詰める。西洋のソーセイジは豚腸
や羊腸などに詰める。豚腸に詰めたものはタイのソーセイジも西洋
のソーセイジも同じような形になる。使う香草、香辛料が違うから
味付けがことなる

近年になってタイにも西洋風のソーセイジが入り込んだ。
そのソーセイジが豚腸であろうと、羊腸であろうとタイ人はホット
ドッ
グと呼んでいる。タイ人が「ホットドッグを食べるか?」と言う
場合、アメリカ風のホットドッグを想像すると期待外れになるこ

がある。ソーセイジをフライパンで炒めて皿に盛り付けただけの
ものも、タイ人はホットドッグと呼んでいる。
俺達がウインナーと呼んでいる物もホットドッグになる。

スーパーのウインナーを見てヌチャナートが言った。
「サミイ、ホットドッグを食べるでしょう?」
そう言えば長いことソーセイジを食べていない。食べるかと聞かれ
たら食べたくなった。ウインナーに切り込みを入れてフライパンで
炒めて食卓に出してくれた。

俺は冷蔵庫からマスタードをだした。日本人にとって辛い食材は
唐辛子、マスタード、山椒かな?
マスタードというのは辛い食品だと俺は思い込んでいた。
ウインナーにマスタードをつけて食べた。そうすると辛味をまるで
感じない。いつも唐辛子の辛味を味わっているので、マスタードの
辛味なんてないに等しいのかもしれない。
その代わり、マスタードの苦味を強く感じた。

クチコミblogランキング TREview

2007/11/13

|

« ノムチン、汁がけ素麺 | トップページ | ゲンオンガイ、鶏肉シチュウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8897468

この記事へのトラックバック一覧です: ホットドッグとマスタード:

« ノムチン、汁がけ素麺 | トップページ | ゲンオンガイ、鶏肉シチュウ »