« グリーンカレーラーメン | トップページ | ナムプリックでダイエット »

2007年11月11日 (日)

シャケのカマの塩漬け、プラケムサモン

パソコンに向かっている俺の背中にヌチャナートが話しかける。
「プラケムにマナオをかける?」
「ああ」いい加減な返事をした。
「あら、このマナオはいい匂いよ」
ヌチャナートはレモン、ライム、柚子も全てマナオだ。
今日、ヌチャナートが言うマナオは柚子のことだ。
「早く食事してよ!」
ヌチャナートが怒る。パソコンを止めてテーブルに向かう。
シャケのカマを塩漬けにしたものが皿に乗っている。
「たいした味じゃあないだろう。写真を撮るほどのこともない。」
俺は箸をつけた。一口食べると、シャケのカマの旨みが広がった。
「これは旨い!写真を撮ろう!」
食べかけの料理の写真なんて料理本には載っていない。
写真を撮る方から料理を見ると、旨そうだから写真を撮りたくなる。
不味そうに見える物は写真の対象から外れてしまう。
旨かったので、食べかけのシャケのカマの写真を撮った。

P1030219pct13

テレビのグルメ番組では出演者は料理を口にしてから、考えて
「旨い!」と激賞する。
本当に旨いものは一口食べたその瞬間に旨いと感じるもんだ。
今日のシャケのカマのように、考えている暇などない。
グルメ番組ではただ単に「旨い」と言ったのでは視聴者に旨さは
伝わらない。なんと言おうかなと出演者は食べながら考えている。
視聴者はそれを「味わっている」と勘違いする?????
グルメ番組は娯楽だし、料理屋の宣伝、テレビ屋の商売だから
視聴者受けするように作られている。視聴者が「旨そうだな」と
感じるように演出できていれば、それでいい。

このシャケのカマは塩漬けにしておいたものだ。そろそろ食べ頃だ。
水につけて塩抜きをしてから焼いた。
焼き上がりに柚子の実を絞って酸味を加えた。
魚が好きな人は魚を綺麗に食べる。俺は魚をあまり好まないがこの
シャケのカマは別格だ。旨いと思うから、骨までしゃぶった。
そのくらい、この旨みを堪能したくなる。
皮だってもちろん食べる。そうすると皿に残ったのは少量の骨と、
皿にたれた油だけだった。綺麗に食べた。

柚子の香りで思い出した。ヌチャナートは汁を絞った柚子を捨てて
いるはずだ。
「ヌチャナート、柚子の皮はどうした?」
「捨てたわよ」やっぱり思ったとおりだ。
「日本人は柚子の皮を使う。皮にはいい香りがある。汁は使わ
ない」
「あらそうなの?」
ヌチャナートは汁だけを使うものだと思っている。皮が重要だなんて
考えてもいなかったようだ。今日も文化の差を感じた。

クチコミblogランキング TREview

2007/11/11

|

« グリーンカレーラーメン | トップページ | ナムプリックでダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8866731

この記事へのトラックバック一覧です: シャケのカマの塩漬け、プラケムサモン:

« グリーンカレーラーメン | トップページ | ナムプリックでダイエット »