« 豚肉とほうれん草の牡蠣油炒め | トップページ | サダムの食事 »

2007年11月22日 (木)

渡り蟹の塩漬け、ソムタムの材料

P1030339pct13

渡り蟹の切り身があった。
「これでプードンを作るわ。」プードンというのは塩漬けの蟹だ。
「くさいわよ。サミイは食べられないわ」
プードンを日本の食べ物で例えれば、納豆のようなものだろう。
好きな人には好まれる食品だが、嫌いな人は徹底的に嫌われる
食品だ。
「これをソムタムに入れるのよ。美味しいわよ」
ソムタムに小さな蟹を入れているのは知っている。
渡り蟹でもいいのだと知った。蟹を入れるとソムタムは生臭くなる。
その臭いがあるとないでは大違いとタイ人は考える。
くさい方が絶対に美味しいと考えるのだろうな。
ため息をつきながらヌチャナートの話を聞いていた。家に帰ると
ヌチャナートは早速、蟹を塩水につけた。
「明日にはたべられるわ」
おいおい、大丈夫かよ?
渡り蟹は海の生き物だから寄生虫はいないだろうな?
先日、インターネットで調べ物をしていたら、寄生虫病のことがでて
いた。
「外国人が故国の料理を日本の食材を使って食べて寄生虫に感染
する」という記事だった。
例えばタイ人がソムタムに沢蟹を使って寄生虫に感染することだな
とすぐに気づいた。
中国人も同じような食べ方をするらしい。中国人はどのような食べ
方をするのか知らない。酢醤油にいれて踊り食い?
焼酎にいれて「酔っ払い蟹」にする?
俺達が知らない面白い食べ方をするのだろう。

「この蟹も塩水につけておくと赤くなるのよ」
川海老を塩水につけておいたら赤くなった。渡り蟹も同じように
赤くなるのだろう。一晩、渡り蟹を塩水につけたが、まだ赤く
なっていない。そのうちに赤くなるのだろう。

クチコミblogランキング TREview

2007/11/22

|

« 豚肉とほうれん草の牡蠣油炒め | トップページ | サダムの食事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9054235

この記事へのトラックバック一覧です: 渡り蟹の塩漬け、ソムタムの材料:

« 豚肉とほうれん草の牡蠣油炒め | トップページ | サダムの食事 »