« ウチの朝食、泥ねぎと挽肉の炒め物 | トップページ | キーパムック、烏賊のワタ »

2007年11月28日 (水)

タイの朝食

日本人の朝食は焼き魚、納豆、海苔、卵、味噌汁、白飯が
普通だろう。魚が鯵の開きになったり、塩鮭だったり変化する。
味噌汁の具が茄子だったり豆腐といった変化がある。
卵は生卵で鶏卵と決まっている。鶏は軍鶏でも白色レグホン
でも名古屋コーチンでも構わない。
赤い卵だろうと、白い卵だろうと気にしない。
ニワトリの卵ならなんでもいい。アヒルの卵は使わない。
塩漬けの卵を使うことはない。
ゆで卵や卵焼きにすることもあるが、多くは生卵だ。
我々は生卵を食うことをなんとも思っていないが、西洋人から
見ると気味の悪い習慣だろう。
日本人が洋式の朝食と考えている朝食は英米式の朝食だ。
トースト、ハムかソーセイジ、卵にコーヒーか紅茶という形式
だ。日本人、英米人は、朝食はお決まり、お約束の形に従って
いる。ところがタイ人の朝食を見ると、これって決まったものが
ないように見受けられる。各人がてんでに好きな物を食べて
いるようだ。

俺が泊まるクラスのタイのホテルでの朝食はバイキング形式
だ。西洋人向けにトースト、笑ってしまうほど安物のハムや
ソーセイジ(でもタイでは高級の部類だ)、客の好みに応じて
コックが卵をスクランブルや目玉焼きにしてくれる。
タイ人向けにお粥、昼食や夕食とあまり変わらない辛いタイ料
理各種がある。俺は朝から辛いタイ飯を食いたくないので、
朝食にタイ料理をとることはないがお粥は必ず頂く。
日本人向けに味噌汁などを置いているホテルもある。
各国共通なサラダ、フルーツ、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶、
ミルクなどなどだ。タイ料理があることを除けば日本のホテル
の朝食バイキングと異ならない。

これが一般的家庭の朝食となると朝食や朝食時間というのが
はっきりしない。日本の場合、6時ごろに朝食をとり、7時台に
家を出て、9時前後に職場に着くのが普通の形だ。
タイでは朝6時ごろに物売りが来る。小麦粉の揚げパンのよう
なものとかタイラーメンを売りにくる。それを食ったり、食わなか
ったり。
朝の涼しい時間帯に食べる、揚げパンとコーヒーの組み合わ
せは俺の好みに合う。
寝坊をした子供達はせかせかと何かを食って学校へ行く。
お小遣いを持っている子供は学校の近くの店で買い食いする。
親が朝食を作らないからか、ここでタイラーメンを食べている
子供も多い。大人は9時か10時頃に昨晩の残り物を出してき
たり、何か新しい料理を作って食べる。そろそろ日差しが強く
なる。日本人や西洋人にするとブランチとなる時間帯だ。
どうやらこの時間帯がタイ人の朝食時間帯だ。そんなことを
知らないで
「明日は、あそこへ行く」と宣言する。
「朝ごはん食べてから行くの?」
「うん、食べるよ」
なんて簡単に答えると大変なことになる。
こっちは朝食は7時か遅くとも8時だろうと思い込んでいる。
8時になっても飯は出てこない。いらいらが始まる。
今朝は朝食を食べると言ってあるので、朝食を家人と一緒に
食べないわけにいかない。
飯を食わずにでかけては失礼になる。腹はもうぺこぺこだ。
9時を過ぎてからやっと飯がでる。
おしゃべりをしながら、のんびりご飯を食べる。日本人のように
慌ててご飯を食べることがない。
「今日は、ここからあっちを見て回ろう」
なんて予定していた計画がご破算になる。
そんな予定があるのなら、「明日は飯を食わずに家を出る」と
言わなくてはいけない。朝食なんて家で食わなくても、タイでは
へーちゃらだ。
大きな通りにでれば、何処でも朝食を売っている。
天秤棒に籠をぶら下げたおばさんとか、屋台とか、食堂とか
・・・いろんな所で朝食を買える。
売られているものが清潔に作られたかどうか考えるだけ無駄
です。どの料理をとっても間違いなく不潔な環境で作られてま
す。それは保証します。
清潔さを考慮する必要は全くないのがわかるでしょ?
よくしたもんで、熱がかかり、唐辛子、香草が入った料理で
食中毒を起こすことはまずありません。
作ったものは売り切る。売れ残ったら、気前よく捨てる。
常に新しいものだけなので、食中毒が起きないのでしょう
ね。

パックツアーで出かける人はこんな料理を食べられないで
しょう。これこそが庶民の味なんです。
ホテルや綺麗なレストランで食べる観光客向けの料理ではない、
本当のタイ料理です。味の冒険をしたいなら、ホテルでの食事
を抜いてしまいましょう。そして町に出るのです。
二、三人でいろいろな料理を買ってホテルの部屋で味見したら
どうでしょう。
「辛い!」「うまい!」「何これ?!」なんて面白い、驚きの味に
出会えます。スープやシチュウのようなものはポリ袋に入れて
くれます。コンビニでプラスチックのスプーンや紙皿なども買わな
いと食べられない料理もあるからね!

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

2007/11/27

|

« ウチの朝食、泥ねぎと挽肉の炒め物 | トップページ | キーパムック、烏賊のワタ »

コメント

深夜英語の勉強をしている逆転受験生です。

continental breakfast=大陸式朝食の意味が知りたくて検索したら偶然このサイトを見つけました。

とっても面白かったし、とっても勉強になりました。
これからも、たまに覗きにきます。

投稿: お茶 | 2007年12月 2日 (日) 03時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9154784

この記事へのトラックバック一覧です: タイの朝食:

« ウチの朝食、泥ねぎと挽肉の炒め物 | トップページ | キーパムック、烏賊のワタ »