« クリスマスイブのソオムとサダオ | トップページ | オランダ産鯵の開きを »

2007年12月25日 (火)

タイの餅米と日本の餅米

タイの餅米をいつの間にか蒸し上げていた。甘味がある餅米を
指で丸めながら食べる。お赤飯とは違う美味さがある。
タイ東北部の人々は餅米を常食にしている。
餅米を常食にしている人々は「うるち米の飯は腹持ちが悪いの
で食った気がしない」と言う。

今日の餅米はタイから輸入したものだ。
蒸し上げるとタイの餅米は透き通っている。
「タイの餅米は美味しいわ」嬉しそうにヌチャナートは餅米を食べ
ている。ヌチャナートはガスコンロで日本の器具を使って餅米を
美味しく蒸し上げる術を学んだ。
タイでは七輪にかけたアルミの壺に竹の籠を入れて餅米を蒸し
上げる。壺も竹の籠もないから、日本で餅米を食べるのは不可
能だと思っていたのに、それが可能だと知るとヌチャナートは餅米
を盛んに食べる。

日本の餅米は蒸し上げても白い。ここがタイの餅米とは違う。
それから日本の餅米はタイのものに比べて短い。
普通の米もタイの米は日本のものより長い。餅米も日本のもの
より長くても不思議はない。

味はそれほど差がないが、香りに差がある。
タイの餅米には外米臭がある。
外米臭なんてわからないだろうな。
今の若い人は独特の香りとか、特異臭があると表現するだろう。

終戦直後の食糧難の時代には外国の米が大量に出回った。
細長い米だった。それを外米と言っていた。
食べられるものなら何でも輸入したのだろう。国民を飢え死に
させないため政府も必死だった。
闇米を買えない庶民は外米を食って飢えをしのいだ。
外米は食べても毒にならないが、臭くてぱさぱさしていて不味い
米だった。タイの餅米にはあの頃の臭いを思い出させるものが
ある。

暗い時代だと思うだろう。違う!違う!それは誤解だ!
どんな時代でも人間はみんな明るく笑えるものを望んでいる。
こんな時代にこんな冗談があった。
「お前、背がたかいな、どうしてだ?」
「外米を縦に食べている」
当時はこれで笑ったが、こんな冗談は今は通じない。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/24

|

« クリスマスイブのソオムとサダオ | トップページ | オランダ産鯵の開きを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9563622

この記事へのトラックバック一覧です: タイの餅米と日本の餅米:

« クリスマスイブのソオムとサダオ | トップページ | オランダ産鯵の開きを »