« ムウピン、タイ風豚の焼肉 | トップページ | クンナンプラ、海老のタイ風サラダ »

2007年12月30日 (日)

トムヤンクン

これはタイの定番料理だ。これが出ないとタイ料理のパーティ
は始まらない。
しゃぶしゃぶ鍋のような鍋もタイから買ってきた。
ステンレスの鍋が欲しかったが、重たくなる。
その他に買い込んだタイの品々がある。
飛行機の重量制限にひっかかりたくないのでアルミの鍋にした。
この鍋で食べると異国情緒があっていい。
料理は味も大切だが、食べる雰囲気も大切だ。
やっぱり、このような鍋で食べると美味いような気がする。

P1030774pct13

鍋で思い出した。
ノンカイでメコン川を見下ろすレストランに入った。
ヌチャナートが料理を注文してくれた。
大きな鯰の塩焼きや他の料理が何品か運ばれてきた。
なにやらヌチャナートが店員に文句を言っている。
俺はヌチャナート達が話している内容がわからない。
店員は出した料理を下げて行った。
そして火がついたこのような鍋に料理を入れてきた。
店は横着して料理を丼に入れてきたので、ヌチャナートは文句を
言っていたのだと判った。

日本では鍋料理は冬の料理だ。鍋を食うと体が温まり美味い。
熱帯の国で熱々の鍋料理なんて奇妙が気がする。
鍋料理を食ったら体が熱くなり、おかしくならないか?と思う。
熱帯でトムヤンクンを食っても体が熱くなることはない。
酸味があるからだろうか?涼しくなる???
タイでトムヤンクンを食うと涼しくなるとは感じないが、鍋料理を
食べても体が火照ることはない。
暑い気候の中で食べるトムヤンクンの鍋はうまい。

魚屋は「こっちの頭付の海老を持っていきなよ!」と薦めていた。
たいていの人は頭を食べないのでゴミになる。
この年末にゴミを増やしたくない。頭無しの海老を求めた。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/29

|

« ムウピン、タイ風豚の焼肉 | トップページ | クンナンプラ、海老のタイ風サラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9636215

この記事へのトラックバック一覧です: トムヤンクン:

« ムウピン、タイ風豚の焼肉 | トップページ | クンナンプラ、海老のタイ風サラダ »