« ソーセイジの食べ方、タイ版 | トップページ | 蕪の漬物 »

2007年12月 3日 (月)

ラーメンの約束ごと

腹が減った。インスタントラーメンでも食うか?
こういう時はたいてい自分で作って食べる。今日はヌチャナート
に作ってもらうことにした。
ヌチャナートに頼めば、肉や野菜を入れてくれる。
俺は麺をお湯にいれ、適当なときに粉末スープをいれるだけだ。
長い間の習慣で食べ物の形は時代ごと、地方ごとに決まってい
る。ラーメンも例外ではない。
現代の関東地方では、ラーメンの形は麺の上にチャーシュウの
薄切り、長ネギ、半切りゆで卵・・・と決まっている。
そうしなくてはいけないというのではないが、暗黙のうちに出来
上がっている約束みたいなものだ。器の模様だって決まっている。
俺はヌチャナートにラーメンを作ってくれと頼んだ時、無意識の
うちに関東地方のラーメンの形を期待していた。
ウチにはチャーシューがないから、その代わりに豚肉が入るかな?
そんな風に思っていた。これができあがったラーメンだ。

P1030468pct13_2 

フランクフルトソーセイジが入っているので驚いた。チャーシュー
の代わりに薄切りのプレスハムが入れたラーメン屋があったかも
しれない。でもフランクフルトソーセイジが入っている店は知らない。
長ネギはぶつ切りだ。しかもよく煮込んである。
キャベツもよく煮えている。この形はヌチャナートから見て美味し
そうな形なのだろう。器も土鍋だ。約束の模様がついた器では
ない。これだけでもなんとなく変な形になっている。

「ああ、やっぱり日本人とタイ人の感覚の差なんだ」
これを見て俺は思わず笑ってしまった。
「何を笑っているの?不味いの?」まだ食べていない。
「いや・・・・」
「レモン、入れる?」
バーミーナムなどタイのラーメンでは酢、唐辛子をいれる。
その感覚なのだろう。レモンで酸味をつけるか?と聞いている。
インスタントラーメンにレモン汁をいれるという発想は日本人
にはない。日本人の食事には唐辛子は使わないと思ったのだろ
う。唐辛子は入れてなかった。
味はともかく、楽しいインスタントラーメンでした。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/2

|

« ソーセイジの食べ方、タイ版 | トップページ | 蕪の漬物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9227088

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンの約束ごと:

« ソーセイジの食べ方、タイ版 | トップページ | 蕪の漬物 »