« ピザ、チーズ、醍醐味、グルメ | トップページ | パーナンパー、マグロのヅケ »

2007年12月 6日 (木)

パットプリックトワ、豆と牛肉の唐辛子炒め

楽しそうにニコニコ笑いながらヌチャナートは台所に立っている。
ニンニクを刻んでフライパンで炒める。美味しそうな香りがする。
唐辛子を加えたのだろう、目には見えないが唐辛子の煙が立
ち込み始めた。くしゃみがでる。換気扇だけでは間に合わない。
扉をあけて煙を表に追い出す。
ある時間たつと唐辛子のくしゃみ成分がなくなるのだろう。
もうくしゃみをしなくなった。

P1030513pct13

今日の料理が食卓にでた。インゲンと牛肉を炒めたものだ。
唐辛子が十分にはいっているので飛び切り辛い。
辛いことは辛いが旨みも強い。
タイの香草の香りが口の中で広がる。ああ、タイ料理を食べて
いると感じる。辛さで汗が噴き出るが、美味くて箸が止まらない。
美味くて次々とついつい食べてしまうことを「箸が止まらない」と
表現する。これはタイ料理だから箸を使っていない。
スプーンで食べているからスプーンが止まらないと言うべきだ。
「スプーンが止まらない」と言ったら、あんまり美味しそうな感じ
がしない。やはり「箸が止まらない」といわないといけない。
今日のインゲンは冷凍物だ。腰がなくてぐしゃっとするのが残念
だ。生のインゲンでこれをつくったならもっと美味しい。
今度は生のインゲンで作ってもらおう。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/5

|

« ピザ、チーズ、醍醐味、グルメ | トップページ | パーナンパー、マグロのヅケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9274714

この記事へのトラックバック一覧です: パットプリックトワ、豆と牛肉の唐辛子炒め:

« ピザ、チーズ、醍醐味、グルメ | トップページ | パーナンパー、マグロのヅケ »