« プリックパチョン、オキアミのタレ | トップページ | 廃鶏の呼び方 »

2007年12月28日 (金)

ムウピン、タイ風焼豚

P1030754pct13

これは豚の脛肉をつかった焼豚だ。中華料理では焼豚は腿肉、
肩肉を使う。タイでは脛肉を焼き豚に使うとは限らない。
今日、冷蔵庫にあったのが脛肉だったから、それを焼豚にした
だけの話だ。ナンプラやニンニクの微塵切りで味付けしておい
て、グリルで焦げないように焼いただけ。
これをプリックパチョンをつけながら食べる。
ニンニクが焦げる香りは食欲をそそる。
ご近所はくさいと言っているだろうが、食っている俺はうまいと
言っている。脛肉だからちょっと硬い部位がある。
それも噛み心地を楽しめる。
この味はタイの田舎で食べる味だ。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/28

|

« プリックパチョン、オキアミのタレ | トップページ | 廃鶏の呼び方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9604195

この記事へのトラックバック一覧です: ムウピン、タイ風焼豚:

« プリックパチョン、オキアミのタレ | トップページ | 廃鶏の呼び方 »