« オキアミの塩辛 | トップページ | ボロニヤソーセイジとタイ人 »

2007年12月16日 (日)

ピーマンのナムプリックと菜の花

ピーマンを買いたかった。俺は性格もいい加減だけどタイ語は
それ以上にいい加減だ。
タイ語でピーマンってどういうのかわからない。
しょうがないから「甘い唐辛子」と言った。ヌチャナートは理解した
らしい。買い物に行ったらちゃんとピーマンを見つけてくれた。
もう用済みだから今更タイ語でピーマンって何と言うのか調べ
る意味もない。それでも調べてみた。
驚いたことにピーマンは「甘い唐辛子」と言う。
これには俺も驚いた。

俺が使うつもりで買ったピーマンをヌチャナートが使っている。
「おいおい!」
「大丈夫よ。サミイが使う分は残してあるわ」
どうやらヌチャナートはナムプリックを作るつもりらしい。
いつもの手順で材料を用意している。
「ねぇー、このままじゃ辛味がないわ。少しタイの唐辛子を
入れる?」
「そうだな」
何本かのタイの唐辛子をピーマンに加えた。
ほどよい辛味のナムプリックができあがった。

P1030616pct13

ヌチャナートはいつのまにか菜の花を買っていた。
菜の花は春先の野菜だ。初冬だと言うのに菜の花が出回って
いる。今の日本には旬というのがなくなった。
菜の花を茹でた。これをピーマンのナムプリックと一緒に食べる。
俺は箸で菜の花をつまみ、ナムプリックをつけて食べている。
ヌチャナートは菜の花を指でくるくると丸めてナムプリックをつけ
ている。餅米を手で食べる習慣があるから、野菜も手で食べる
のかな?菜の花のほろ苦さとナムプリックの辛味は相性がいい。
嬉しくなる美味さを感じた。

P1030617pct13

クチコミblogランキング TREview

2007/12/15

|

« オキアミの塩辛 | トップページ | ボロニヤソーセイジとタイ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9420194

この記事へのトラックバック一覧です: ピーマンのナムプリックと菜の花:

« オキアミの塩辛 | トップページ | ボロニヤソーセイジとタイ人 »