« パットプリックトワ、豆と牛肉の唐辛子炒め | トップページ | 俺が食べないソムタム »

2007年12月 7日 (金)

パーナンパー、マグロのヅケ

マグロの刺身が大安売りだった。店内放送で安売りを宣伝して
いた。
「刺身を安売りしているよ!」
日本語が分からないヌチャナートに教えてあげた。
俺よりヌチャナートの方が刺身が好きだ。
刺身や鮨を見るとヌチャナートは大喜びする。

P1030521pct13

夕食に刺身を食べたが、食べきれない。食べきれない刺身をヅケ
にした。俺の発案でナンプラ、ニンニク、生唐辛子で漬け込んで
見た。なんとなくタイ料理の味に近いものが出来上がった。
冷蔵庫に入れておけば保存が利く。

マグロをヅケにして何日かたった。
なんだか、馴染みのあるタイ料理の臭いがする。
俺には毎度お馴染みの臭いだが、ご近所にとっては迷惑な臭い
だろう。「くさいねえー」なんて言っていることだろう。

食卓に出来上がった料理がでている。
鶏肉のような色をしている。よく見ると魚だ。
「こんな魚を買ってきたのかな?なんだろう、この魚?」
不思議そうに魚を見ていた。
「この魚、何だい?」
「先日、買った魚よ。ナンプラにつけて冷蔵庫にしまっておいたでしょ。それよ!」
思い出した。タイ風にヅケにしたマグロだ。
マグロは生だと赤いが熱をかけると白くなる。
それにしても白い。まるで鶏肉だ。シーチキンという商標を考えた
奴の気持ちがわかる。

家庭で食べ残ったマグロ、寿司屋が売れ残ったマグロを醤油に
漬け込む。このヅケは昔からある食べ方で、あつあつの飯に乗
せて食うと美味い。
俺が考えたナンプラ、ニンニク、唐辛子のヅケもいい。
そのヅケをヌチャナートは生姜も加えて熱をかけた。
この料理は俺とヌチャナートの共同作品だ。
生の刺身とは違った美味さができあがっている。
バンザーイと喝采を叫びたくなった。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/7

|

« パットプリックトワ、豆と牛肉の唐辛子炒め | トップページ | 俺が食べないソムタム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9287286

この記事へのトラックバック一覧です: パーナンパー、マグロのヅケ:

« パットプリックトワ、豆と牛肉の唐辛子炒め | トップページ | 俺が食べないソムタム »