« チャーシュウだが・・・ | トップページ | 豚肉のから揚げ »

2007年12月22日 (土)

中国製化学調味料

今年一年を表す一文字は「偽」だそうだ。
確かに偽物食品問題が多かった。それと中国製製品の安全性
問題も多かった。
子供の玩具に鉛を含んだ塗料が使われていたとか・・・・・
ダンボール入りの肉まんなんて報道もあったな。
あれはやらせだった?
今年は中国製品の安全性が揺るいだ。

安い化学調味料があった。イノシン酸など旨み成分がグルタミン
酸ソーダと共に加えられた製品だ。
中国製品だ。危ないかもしれない。でも安い。それは魅力だ。
旨み成分が純粋に取り出されていれば問題はない。
旨み成分の抽出過程でいろいろな薬品が使われる。
それらは完全に除去されたのか?
あるいは抽出までの過程で中間産物ができあがる。
その中には人体に有害な物が含まれている可能性がある。
買おうかどうしようか?俺は迷った。
この製品を輸入した業者の良心を信用することにした。
輸入業者は輸入前に製品を分析して安全を確認しただろう。
安全なはずだと勝手に思い込んだ。
本当のことを言うと値段に釣られて買ってしまった。
これって危ないことだ。

コロンビアだか南米の国で安い酒を飲んだら目が腫れ上がった
という人の話を身近の人から聞いたことがある。
日本でも終戦直後の闇市時代にメチルアルコール入りの密造酒
が出回った。あれを飲むと失明し目が見えなくなるからメチル
アルコールと言うのだという笑えない冗談があった。

食は安全でなくてはいけない。
タイの屋台は不衛生だ。熱がかかりその場で食う物で腹を壊し
たことがない。もう諦めというか、それ以外に食うものがないから
それを食っている。
見かけが綺麗な店でも裏は屋台と同じだ。
いちいち気にしていたら食えなくなる。気にしないことにした。
そうすると不衛生が通常のことに見えてくる。タイボケの始ま
りだ。
「なんでこれが汚いとか、衛生と五月蝿く言うの?」
と反論がでてしまう。

中国製化学調味料がタイボケと同じような感覚で作られて
いないことを祈る。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/19

|

« チャーシュウだが・・・ | トップページ | 豚肉のから揚げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9521260

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製化学調味料:

« チャーシュウだが・・・ | トップページ | 豚肉のから揚げ »