« 鶏を煮る | トップページ | ムウピン、タイ風焼豚 »

2007年12月28日 (金)

プリックパチョン、オキアミのタレ

オキアミの塩辛を朝鮮料理の食材屋で買った。
これをヌチャナートはタイ風の食材に変化させた。
きょうはタイ風に変化させたオキアミの塩辛を使って焼肉のタレ
にした。名前を聞いたらプリックパチョンと言うそうだ。
唐辛子の辛味と塩辛の塩味がほどよく調和している。
これは茹でた野菜につけて食べても美味しい味になっている。
美味しいタイの醗酵食品と言える。

P1030751pct13

魚介類の醗酵製品がタイには沢山ある。
日本でも昔は沢山あったのに、今は造る人もいない。
今こそ、いろいろな魚介類の醗酵製品、塩辛、熟れ寿司を復活
させるべきだ。塩辛のような保存食品こそ少ない食糧資源を
有効に使う方法だと思っている。

クチコミblogランキング TREview

2007/12/28

|

« 鶏を煮る | トップページ | ムウピン、タイ風焼豚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/9604138

この記事へのトラックバック一覧です: プリックパチョン、オキアミのタレ:

« 鶏を煮る | トップページ | ムウピン、タイ風焼豚 »